FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 医龍 -Team Medical Dragon- > 医龍18-Team Medical Dragon-

医龍 -Team Medical Dragon-

医龍18-Team Medical Dragon-

医龍18-Team Medical Dragon-

テレビドラマも見たことがなかった医龍ですが、レンタルショップでもランキングに入っていたので借りました。

朝田は超一流外科医。
彼を引っ張ってきたのは加藤晶という大学病院助教授。

大学病院によくある権力争いと、現場、特にバチスタ手術の話です。

個人的に、野口教授の顔が怖いッス。加藤先生好きッス。
妻は看護師のミキさんが好きのようで。

さて、18巻。

野口教授の息子、政之の妻が、お腹に赤ちゃんがいる状態で心臓に肋骨が刺さってしまい、重体に。
そこに現れたのは、胸部心臓外科のエース、加藤先生です。

この場に朝田はいませんが、実はこの時、別の手術中。
(自分の子供の病気が心配だった別府先生の代わりに、朝田が手術をしていたようです)

野口教授は、母体を助けて赤ちゃんはあきらめろと指示しましたが、加藤先生は後からやってきた朝田の協力もあり、母子共に助ける方法をとります。

女性の医者が難しいとされていた子供や家庭の問題について、加藤先生が言及したことで、教授選の味方が増えました。

そして、医局に、医者同士でも助け合おうとする、そして女性を守ろうとする変化が少しずつ起こり始めました。
加藤先生が朝田を連れてきて、朝田が伊集院を育て始めた時から。


野口教授に大動脈瘤が見つかります。
ただでさえ医局への影響力が薄まりつつある中での病気は、自分が権力を握り続けるには痛手。
加藤、国立、霧島の3人が争っている次期授選が不利になってきています。

霧島が教授選に勝てば、野口教授も少しはマシなポストにいれるのに、彼はそれを選びません。
とにかく権力。

そのために、これまで胸部心臓外科が起こしてきた医療ミスを表沙汰にしました。

もはや医局には野口教授の味方はいません。

果たしてこの乱心が、自分が権力を持ち続けるためにどういう意味を持つのか。
19巻へ。

 ⇒ 医龍18-Team Medical Dragon-

<<記憶が・・・私が読んだマンガとアニメおいしい銀座1>>

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム