FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか1

いぬばか

いぬばか1

いぬばか1

近頃読むマンガが、料理系、動物系、医療系と偏りつつあり(妻の好みで)、それに伴って借りたこの「いぬばか」。
内容チェックもそこそこに、ほとんど表紙とタイトルで決めたようです。

確かに犬がしっかり描かれてます(私が言うまでもありませんケド・・・)。

主人公、宮内すぐりは世間知らずで箱入りでドジっ娘。
遠足も修学旅行も行った事がなく、門限は5時半。

まぁこれも4歳の時に誘拐されたことが関係しているみたいですが。

愛犬るぱん(雑種)が、見知らぬノワ(ラブラドール・レトリーバー)と交尾をしてしまったことがきっかけで、高校卒業後、るぱんと共に上京することに。

ノワの飼い主、飯田哲平は、繁殖の機会を逃してしまったことに怒り、すぐりを自身が経営するペットショップ「わっふる2号店」で働かせることにしました。

このすぐり。本当に犬好き。

そして何故か犬たちもすぐりにはなつきます。どうやらそういう才能があるようで。
変な電波出してそうです。


店長の哲平も、イマドキの若い風ですが、いい奴です。

身勝手な人間が変わっていかないと、犠牲になっている犬がかわいそうだと。
そして、子犬を買ってくれた人に

「もし、どうしてもその犬を捨てなければならなくなった時は、必ず僕宛に電話を下さい。その子を救うための方法を1つお教えします」

なんてことを言ってます(どういうことかはまだ分かりません)。


そしてゴールデン・レトリーバーのリッキーの話は泣けました。


こんないぬばか。
2巻に続きます。

 ⇒ いぬばか1

<<西洋骨董洋菓子店1私が読んだマンガとアニメハンマーセッション!1>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム