FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > 幸福喫茶3丁目12

私が読んだマンガとアニメ > 幸福喫茶3丁目 > 幸福喫茶3丁目12

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福喫茶3丁目

幸福喫茶3丁目12

幸福喫茶3丁目12

さらっと内容を。

まずはボヌールに二郎やさくら、健志や母が集まってきて潤を愛でる話。

旦那を亡くした時の潤ママがちょっと病んでいる表情をしていました。

これから潤に降りかかる災難を予感させる話でした。


次は今後の展開の契機となる話。

進藤の親友で先生を目指している井上を含め、自分の周囲には優しい人が多いということに気付いた潤。

さらにボヌール店長、松本のことをあまり知らないということに気付いた潤。

常連のミツカが雑誌にお気に入りの店としてボヌールを紹介しようとしていること。

そんな話でした。


次は松本店長の話。

ウェーブ髪で背が高い露木は、今度ミツカが載る雑誌の編集さん。

ミツカがお気に入りの店として紹介したボヌールに取材に行き、そこでばったり中学時代の同級生、松本店長に会いました。

何か2人の間には秘密がありそうでしたが、ここで明かされぬまま終了。


次は10巻で登場した老舗洋菓子チェーン、ブロッサムの社長、桜庭が登場。

たまたま雑誌を見ていて見つけたボヌールの記事。

そこには、以前図書館で会い、ケーキの案を授けた潤の姿がありました。


潤のようないい娘を見ると虫唾が走る。

笑顔の裏に隠されている桜庭の秘密が何かは知りませんが、ボヌールに災厄をもたらそうとしています。


ボヌールにやってきた桜庭は、自分が潤に与えたケーキのアイディアを盾に取り、このケーキのアイディアが盗まれたものだと公表されたら・・・などと脅迫めいた言葉を残して去っていきました。


最後に「あべかわや」の家庭事情があって12巻終了です。


桜庭のことを、潤が少しだけお父さんに似ていると言ったのは何かの意味が?

潤ママの心配ごとや、今巻で特に潤の周囲の人々の優しさが強調されていたことも関係してくるでしょうか。


今後、潤をひどく傷つける事件が起こり、それを周囲に救われ、

「何でこんなに優しくしてくれるんですか(/_;)」

「俺たちが潤にたくさんやさしさや笑顔をもらったからだ(^O^)」

って展開?


ってか阿倍川家も再婚なんすね。

この作品あちこちで再婚してますけど、正直、離婚、死別、再婚ってこんなスムーズじゃないッスよ。

自分の家庭環境からの経験ですけど。

ま、マンガに現実味を求めても仕方ないな(笑)

幸福喫茶3丁目12

<<あけましておめでとうございます。私が読んだマンガとアニメ医龍-Team Medical Dragon-23>>

<<あけましておめでとうございます。私が読んだマンガとアニメ医龍-Team Medical Dragon-23>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。