FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > とある科学の超電磁砲6

私が読んだマンガとアニメ > とある科学の超電磁砲 > とある科学の超電磁砲6

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲6

とある科学の超電磁砲6

4,5巻の、エピソードのすき間を埋めるような話というか、補填になるような巻でした。

ついでに言えば「とある魔術の禁書目録」の3,4巻の話と同じ。

それを御坂視点で描いてます。


改めることもないかと思うので軽めに。

気になる方は「とある魔術~」の方をご覧下さい。

では内容を。


自分のクローン(シスターズ)が、自分の知らない所で大勢作られているという事実を知った御坂。

加えて、それらは全て検体であり、一方通行(アクセラレータ)がレベル6になるためだけに殺されているという現実に愕然とします。


御坂は、最初こそ研究施設を片っ端から破壊することで、実験を中止させようとしますが、それがムダであることに気付くと、アクセラレータと直接対決で決着をつけようとします。

それを知った上条当麻。

レベル0の自分が学園都市最強のレベル5、アクセラレータを倒せばこの実験は大幅に狂うはずだと、御坂の代わりに戦うことを宣言。

そして無敵に思われたアクセラレータのベクトル操作を全てを打ち消す手でかわしながら、追い込んだところで6巻終了です。


ま、後の展開もすでに知っている通りなんでしょうが、黒子がかわいいので良しとします。


ゲーセンにあった黒子のガチャガチャ、何で紐みたいな水着なんですか?

確かにそういう設定でしょうけど、もうちょっと普通のにしてやって下さい<(_ _)>

あまりに貧相でかわいそうでした。

とある科学の超電磁砲6

<<学園ベビーシッターズ私が読んだマンガとアニメ隠の王14>>

<<学園ベビーシッターズ私が読んだマンガとアニメ隠の王14>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。