FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > めだかボックス7

私が読んだマンガとアニメ > めだかボックス > めだかボックス7

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかボックス

めだかボックス7

めだかボックス7

フラスコ計画を止めるという目的をもってやってきて、バトルに巻き込まれた生徒会メンバー。

「裏の6人(プラスシックス)」が出てきて、(うわぁ・・・面倒なぁ・・・)とか思っていたら、結構あっさりでした。


では内容を。


最深部にやってきて、めだかとバトルすることになった都城王土。

もう1つの異常性「理不尽な重税」で、古賀いたみの心臓を一突きし、能力を100%奪うことで、古賀の異常性、異常駆動・回復力を身につけた都城は敵なしに思えました。

と同時に、近くにいた行橋未造は、心臓を貫かれた痛みを受信してしまい、同じく倒れてしまいます。


めだかは乱神モードで反撃しますが、それは怒りに任せた暴走状態ではなく、完全に支配下に置いてコントロールできるようになった改神モード。

はっきりと王土を上回りました。


めだかの異常性は、高い学習能力くらいに思っていたメンバーでしたが、それはどうやら間違い。

さらにその上、他人にはできないような不完全な能力異常性すらも、完全な状態で身につけ、使いこなせる能力でした。

黒神くじら命名「完成(ジ・エンド)」。


それでこのバトルはあっさり終了。

完全な人間を作ろうとするフラスコ計画は凍結され、全てを許しためだかにより、都城王土、行橋未造、古賀いたみ、黒神くじらとも和解。



地上に戻ったメンバーは、異様な光景を目にします。

6 vs 6で戦っていた「裏の6人(プラスシックス)」と「負け犬チーム」が、一人残さずネジで串刺しに。

とうとう現れた球磨川禊(くまがわみそぎ)の仕業でした。


めだか、善吉と同じ中学の先輩で、支持率0%で生徒会長となった人物。

「思い入れ」「心がけ」「誓い」など一切を無にしてしまうような人物。

エリートが嫌いで、13組を抹殺するために箱庭学園に転校してきた、負完全な人物が球磨川です。


平等で平和な世界を作るために、完全な人間を作るというのがフラスコ計画の目的でしたが、その失敗を受け、理事長が試みた別アプローチが、マイナス13組の設立。

欠点にしかならない才能(過負荷)を持った生徒のみで構成されているそのクラスの筆頭が球磨川で、エリートを全て殺してしまえば、平等になるだろうという思想です。


マイナス13組の生徒は、まず不知火半袖(しらぬいはんそで)。

そして江迎怒江(えむかえむかえ)。


彼女は、触れたものを腐らせるという過負荷「荒廃した腐花(ラフラフレシア)」の持ち主。

一時的に優しくされた善吉を気に入り、ヤンデレぶりを発揮して追い回します。


小学生にしか見えない、元診療外科医の善吉の母、人吉瞳がやってきて、善吉のクラスメイトになりつつ、助けるものの、前途多難・・・というところで7巻終了です。


次巻では、めだかの前の生徒会長、日之影空洞(ひのかげくうどう)が登場するようです。
「知られざる英雄(ミスターアンノウン)」。


そういえば、江迎怒江のセリフ、2ページに渡って文字ばかりのやつにはびっくりしました。

ジャンプであれは良かったんでしょうか(笑)


くじらが素直になって、「お兄ちゃんごめんなさい」とか言っているのがかわいいです。

俺は基本的にツンデレ好きなんだな。

めだかボックス7

<<おとめ妖怪ざくろ5私が読んだマンガとアニメ華麗なる食卓41>>

<<おとめ妖怪ざくろ5私が読んだマンガとアニメ華麗なる食卓41>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。