FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > おとめ妖怪ざくろ4

私が読んだマンガとアニメ > おとめ妖怪ざくろ > おとめ妖怪ざくろ4

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとめ妖怪ざくろ

おとめ妖怪ざくろ4

おとめ妖怪ざくろ4

前回書いた時よりもだいぶ間が空いてしまいました。

アニメも同時進行だったはずなんですが、すでに終わってしまい、そちらも観ていたために、何となく内容を知ってしまっているという状況ですが、それでもまぁ楽しく読めてます。

ま、主に妻が、ですが。

では4巻を。


自分の他には半妖はいない、と聞かされていた西王母桃(ざくろ)は、前巻で会った半妖の姉妹2人、百緑(びゃくろく)と橙橙(だいだい)のことを櫛松に問いただします。

ところが櫛松はそれは知らなくていいことだ、と言い、説明する気はありません。

それに腹を立てた西王母桃は家出。

折形綾という女主人が、鬼の子、麦を雇っている不思議な質屋「折屋」へ。

落ち込んでいるざくろを心配した麦は、店の奥を案内します。

時計の部屋。ランプの部屋。薬の部屋・・・翡翠の部屋。

ざくろはなぜか、翡翠の部屋で体調を崩してしまいます。


突然のことに驚いて泣いてしまった麦をなだめるざくろ。

折り紙をしているところにやってきたのは櫛松。
ざくろを迎えに来ました。


落ち着いたら全てを話すという約束をし、2人仲良く妖人省へ帰っていったという話でした。


ざくろが翡翠に反応したというのは、母の形見のペンダントが翡翠だということが関係しているんでしょうか。

アニメにはそんなシーンがなかったように思いますが。


不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられており・・・( Wikipedia)というのが関係してるんでしょうか。

それと、今までスルーしてましたが、麦と常にいる丸いやつ(もやしもんみたいなやつ)は、何でしょう?


で次。

小さい頃から、何かに惹かれるような様子をみせていたざくろ。

薄蛍がそれをちょっと思い出しています。


すると目の前で、木に引っかかってしまった凧を木登りして取ろうとしたざくろが、足を滑らせて落下。

それを総角が、かっこ悪くキャッチ。

ざくろがいい顔でありがとうと言って終わり。

そんな統一感のない、バラバラな話でした。

何だろう。

あまり意味のないような展開。

ま、いいや。


さて、ここから大きな話に突入です。

アニメだと、この話の展開が最終話につながったはずですし。


お祭りに参加した妖人省のメンバー。

言葉遣いは悪いものの、ざくろたち半妖を可愛がっている狛犬、あうん様がいる神社です。


立体迷路を歩いている最中、総角はざくろに告白しそうになりますが、ざくろは恥ずかしさのあまりに駆け出してしまいます。

追いかけた総角が迷路を抜けると、先に行ったはずのざくろはいない。

不審に思って皆で捜索するも、ざくろの気配がありません。


妖人省へ戻ってみると、豆蔵が気を失います。
ざくろと契約している付喪神である豆蔵は、近くにざくろがいないとそうなるようで。

どうやらざくろは遠くにさらわれたようです。


前巻で女郎蜘蛛と戦った際、逃げる時に使った札の切れ端。

それをあうん様に見てもらい、判明した犯人は、人の姿をしてはいても人でも妖人でもない、ヒトならざる力を使う者「神がかり」。

妖人省のメンバーはその里へ飛びます。


一方、足を鎖でつながれた状態で目覚めたざくろ。

自分がどこにいるのか分かりませんが、そこへやってきたのは仮面の男と百録。

百緑と橙橙は姉妹であり、女郎蜘蛛の妖怪、乱杭(らんぐい)に手下のように扱われている半妖です。

そして仮面の男。

彼は沢鷹(おもだか)。仮の名は花楯(はなだて)中尉。

総角たちの上司でもあった彼が、どうやらボスだったようです。

しかも、ざくろの兄だと言いました。


神隠しに遭った母が子を産むと、半妖が生まれる。

ざくろの母は2回、神隠しに遭い、そして2度目は帰ってこなかった。
(その理由は今後明かされますが)。


そんな沢鷹は、乱杭を好ましく思っていないようで、なぜか半妖の百緑と橙橙を目にかけているようです。

それを快く思っていない乱杭は、ゆがんだ愛情を前面に出し単独行動。

沢鷹に相手にされない憎しみをざくろに向けて・・・というところで4巻終了です。


どうでもいいんですが、「いいなあ姉者は 乱杭様から直接お声をかけていただけるんじゃから」と言った橙橙がかわいいです。

26話の扉絵の乱杭がエロいです。

おとめ妖怪ざくろ4

<<幸福喫茶3丁目9私が読んだマンガとアニメめだかボックス6>>

<<幸福喫茶3丁目9私が読んだマンガとアニメめだかボックス6>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。