FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > デッドマン・ワンダーランド9

私が読んだマンガとアニメ > デッドマン・ワンダーランド > デッドマン・ワンダーランド9

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランド9

デッドマン・ワンダ-ランド9

前巻では、元看守長のマキナや、彼女の自衛隊時代の仲間、回向海堂、我縞寅壱、ボンブもやってきて、コントロールスイッチを握っている玉木を追い詰めました。

そして、甲部隊も千地、水名月、助川、ヒタラ、そして丸太&シロが倒して、デッドマンチームが優勢。

・・・にも関わらず、丸太を愛する心優しいシロは、前回の戦いで眠りにつき、代わりにレチッドエッグとしてのもう1人のシロが目覚めてしまって・・・という終わり方でした。


今巻では、とりあえず一段落つきますが、まだまだ先は長そうです。

さて9巻。

ワームイーター(罪の枝を無効化する武器)等もそろえ、しっかり対策をしてきたマキナたちは、ニンベンに行く手を遮られながらも、玉木を追い詰めます。

そして衝撃的な事実を聞くことに。

デッドマンワンダーランド(DW)が建てられたのは、医療貿易センターの上であり、未曾有の地震、東京大地震は、レチッドエッグが起こした人為災害である。

にわかには信じられませんでしたが、さらに追い討ちをかけるように事件が。


そこへやってきたのは、咲神トト。

度々登場しては、丸太たちを助けたり、不思議な行動をしていた、過去に死肉祭で優勝したことのある少年です。

そしてレチッドエッグ。


そもそも、玉木がニンベンを作った理由は、レチッドエッグを倒すためでした。

様々な研究データから作り上げたのが、ニンベンが出す罪の枝(毒の蛇)。

チャンスとばかりにニンベンに命じ、襲わせましたが全くの無駄。


マキナも、罪の枝を無効化する武器、ワームイーターで斬りかかりましたが、これも無駄。


玉木が見ていたデータは全てダミー。

咲神トトの正体は、玉木が殺したつもりになっていた、前所長、剥切燐一郎(はぎれりんいちろう)、その人でした。

つまりは全て、彼の掌の話。


自分がこのゲームを支配していたと思っていた玉木は、あまりのショックで自殺。


咲神トトと、レチッドエッグの圧倒的な力の前に全員が絶望します。


そこへやってきたのは丸太。

自分の人生を狂わせ、こんな状況に陥れた宿敵が目の前に。

しかも、レチッドエッグが片手で無造作に持っていたのは、丸太の友達、アザミの首。

丸太は激昂して、特大の丸太ガンを発射しました。


レチッドエッグの仮面が外れ、崩れゆく建物から落ちながら、丸太はとうとう、正体がシロであることを目撃します。


そしてこの事件は、一旦幕を下ろします。

DWは閉鎖。

囚人たちは各地の刑務所へ移送され、丸太は再審の末、無罪が決定。

レチッドエッグ(シロ)と、咲神トトは、密かに閉鎖された建物内に。


再び、人為的と思われる地震が起きたところで9巻終了です。


ガチャガチャ、ドタバタしていたこれまでの戦いが、スッと終わってしまいました。

3巻あたりで所長が死んだ時、あまりにあっさりしていたので、何かあるんだろうと思ってましたが、ここにつながってたんですね。

怖い怖い。


前巻までは、あちこちに敵がいて、それぞれに思惑があったようで、三つ巴、四つ巴のようなこともありましたが、ここで一気に解消されましたね。

敵は咲神トト&レチッドエッグチーム。


とは言え、何となく踏ん切りのつかないデッドマンたちは、きっとDWへ戻ってくるのでしょう。

シロと同じく異質な何かをもっているという丸太には、どんな秘密があって、どんな戦い、結末になるのか。

楽しみです。


アザミが死んだのが残念だなぁ。

水名月がいればガマンできるけど。

デッドマン・ワンダ-ランド9

<<とある魔術の禁書目録7私が読んだマンガとアニメ幸福喫茶3丁目8>>

<<とある魔術の禁書目録7私が読んだマンガとアニメ幸福喫茶3丁目8>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。