FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > バクマン11

私が読んだマンガとアニメ > BAKUMAN。 > バクマン11

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAKUMAN。

バクマン11

バクマン11


字数が多いバクマンは、読むのも大変ですが、ストーリーを文字で追うのも大変です。

ちょっと時間もないので、あっさり目にまとめたいと思います。

では11巻。


真城、高木は自分たちの我がままで、連載していた作品を終わらせ、新妻エイジ作品「クロウ」「+NATURAL」に対抗できるレベルのマンガを描いています。

担当が再び服部になったことで、ますますやる気になった亜城木夢叶ですが、立ちふさがる敵(?)は新妻エイジ、岩瀬など中々強力です。

「完全犯罪クラブ」はどんな展開を見せるか、という続きから。


邪道でありながら嫌味がない。

子供にも受け入れられそうで、大人も楽しめる。

高木の良さも、真城の絵も、両方が活かせる、望んだ通りのマンガが「完全犯罪クラブ」です。


これまでの分業を少し変え、高木はネーム(マンガの下書き)を描くことを止め、より細かく文章を書く。

真城はその文章を読むことで想像力を自由に働かせ、そしてネームから描く。

さらに、タイトルを「PCP-完全犯罪党」に変え、キャラクターデザインも名前も変え、万全の体制で連載1話目に望みます。


福田の新しい読みきり「ロードレーサー淵切」があったものの、亜城木夢叶は初めて、念願のアンケート1位を獲りました。

2位に大差をつけてのダントツ1位。

華麗なスタートを切った「PCP」ですが、4話目が終わる頃には6位に転落。

通常のマンガなら上出来ですが、今回に関しては、25話までに「クロウ」「+NATURAL」と対等に戦えるマンガになっていなければ連載打ち切りが決まっています。

さらに良くするために、真城、高木、服部は頭を悩ませます。


そして出た結論が真城の絵。

真城の描く絵は、トーンやベタに頼っていて、何となく全体的に暗い。

いくら写実的なストーリーだとしても、マンガなのだからポップに明るく。

その読みは正解でした。


真城は大学を辞めて絵に専念。

その努力も実を結びつつあり、「PCP」は再び上位に食い込みますが、異常なライバル心を燃やす岩瀬は、新妻エイジに提案。

「PCP」が巻頭カラーの回に、「クロウ」と「+NATURAL」をマンガ内でコラボさせ、ぶつけてきました。

なかなかしっかりしたコラボだったこともあり、その2作品の人気はさらにアップ。


頼みの巻頭カラー回でも勝てなかった「PCP」。

約束の25話まで残りも少ない中、そんな苦境を乗り切るために、2人はギャンブルに出ます。

1話完結の話ではなく、伏線を貼り、謎解きもしっかり練った上で5話連続、高木渾身の長編シリーズ物。

さて、その結果は・・・というところで11巻終了です。


蒼樹紅が驚きのたった4コマ。
しかも小さいし・・・

にしても、やはり亜豆はヒロイン向きじゃないような気がします。
狙って描いてる可能性もありますけど。

バクマン11

<<西尾維新の一番くじ私が読んだマンガとアニメ華麗なる食卓39>>

<<西尾維新の一番くじ私が読んだマンガとアニメ華麗なる食卓39>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。