FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > スポンサー広告 > ぬらりひょんの孫12

私が読んだマンガとアニメ > ぬらりひょんの孫 > ぬらりひょんの孫12

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫12

ぬらりひょんの孫12

土蜘蛛により、百鬼夜行がほぼ壊滅。

仲間たちが次々と倒れていく中、リクオは人間の姿にもどってしまったところから。

では12巻。


妖怪としての自分、人間としての自分が交ざり、何やら不思議な状態になったリクオ。

しかも妖刀、祢々切丸で、土蜘蛛の指を斬りおとすことができました。

とは言え、そんな程度でひるむ土蜘蛛ではありません。

力ワザにより、百鬼夜行は壊滅してしまいました。


瀕死の状態で立ち上がったリクオですが、土蜘蛛は暇つぶしになるからと見逃します。

そして、氷麗(つらら)を連れ去ってしまいました。


気を失った状態から目が覚めると、そこにいたのは牛鬼。

リクオを人間状態のままにさせ、修行開始です。


大将の力が強ければ強いほど、百鬼夜行は大きく強靭な塊となるけれど、大将が弱ければ、ただの烏合の衆になってしまう。

そしてさらに、大将が真の強者となり、信頼を得て固い絆で結ばれれば、大きな力となって自分に還ってくる。

妖怪である自分、人間である自分を否定せず、受け入れて強くなる。

それが目的でした。



一方、弐條城を落とした羽衣狐一行。

羽衣狐は、鵺ヶ池で、ぬえを産もうとしています。

下々の妖怪たちは、京都の街中で生き肝を集めだしました。



土蜘蛛に敗れた奴良組、遠野勢、陰陽師の連合軍は、それぞれがバラバラな行動を取ってしまいます。

中でも、首無は、昔の荒れていた頃を思い出し、単独行動で京妖怪を殺して回ります。

毛倡妓は止めようとしますが、そこへ現れたのは、京妖怪幹部の茨木童子(いばらきどうじ)。


昔組んでいた、首無と毛倡妓のコンビが復活しますが、本気を出した茨木童子の畏は大きく、苦戦します。

さらにそこへ鬼童丸まで。

毛倡妓が刺され、ピンチになったところで、陰陽師軍到着し、3つめの封印をしたところで終了です。


土蜘蛛が、鬼童丸に「鞍馬の天狗はどこへ行った?」「あのじじいは誰だ?」と言ってましたね。

鞍馬天狗は、牛鬼とリクオを修行していたあの天狗だとしても、じじいって誰のことですか?

土蜘蛛が仲間になってからのじじいっていったら、塵地蔵(みなごろしじぞう)か。
長い頭で、額に巨大な一つ目があるヤツ。


そういえば、四国妖怪の夜雀(よすずめ)が、魔王の小槌を塵地蔵に渡してましたね。
四国編で出てきた妖刀の。

ってことは、塵地蔵は裏でいろいろ手を回してるってことですか。

ま、何でもいいや(笑)

毛倡妓が頑張った巻でした。

ぬらりひょんの孫12

<<バカとテストと召喚獣私が読んだマンガとアニメ テガミバチ11>>

<<バカとテストと召喚獣私が読んだマンガとアニメ テガミバチ11>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。