FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 岳(がく) > 岳12

岳(がく)

岳12

岳12

第0歩 父帰る

梶ヶ山荘を営んでいる梶さんは、手術のために入院。

しかも、治ったとしても、これまで通り、山荘を切り盛りするのは難しいようです。


そんな梶さんを足しげく見舞うのは、山岳救助を請け負っている、燕レスキューの牧さん。

自分が若かりし頃、この山の地形、風向き等を事細かに教えてもらった恩があるからです。


気持ちが沈んでいた梶さんでしたが、一時帰宅の際、牧さんのヘリで、山荘にやってきて三歩と出会い、気持ちを新たにしたという話でした。


第1歩 サイレント・ナイト

父を山で亡くしたナオタ。

彼にとっては三歩が、山荘のみんなが、山が家族代わりです。


クリスマスの日、ナオタは山へやってきて、みんなとパーティーに参加。

ところが、橋を直したり、安全を呼びかけたり、忙しい三歩は、なかなか来ません。


ナオタは、それでも怒ったりすることなく、静かにじっと待ちます。

サンポクロースは山を愛するみんなのために、いつでも頑張っているのだからと。


結局、ナオタが起きている間には現れなかった三歩でしたが、ナオタの枕元に置いたのはトレッキングシューズ。
来年、山登りにやってくるナオタへのプレゼントです。

ナオタは皆に支えられながら、強く、素直に育っているという話。

いい子です。ナオタ。


第2歩 空を飛ぶ夢

空を飛んでいる夢を見ていた青年。

彼は山が好きです。

仕事が休みの日でも山に登っているために、年末年始ですら実家にはほとんど帰らず、父母に心配をかける毎日。

そんな彼の正体は、三歩や牧さんを尊敬する、山のパイロット。

これまで1度も素顔を見せなかった青木誠の話でした。


第3歩 山じい

ヒュッテ山じいのオーナー、山口は、何かと理由をつけて山荘を抜け出そうとしています。

理由はもちろん山登り。

新年1発目の穂高に登ろうと、仲間に片っ端から電話です。


そして集まったメンバー。
三歩もザックもいます。

順調なハイペースで山頂を目指しますが、途中、例年通りならあるはずの雪庇がなくなっていることに気付きます。

人が落ちた形跡もないし、周辺の人に聞いてみてもそんな人はいない。


ところが山男たちは、直感だけで行動し、滑落者を発見。

200mも落ちた割に、新雪がクッションとなり、無事でした。


この山男メンバーは、全員がボランティア救助隊。

山口さんにいたっては、ただの山好きなじいさんではなく、山岳遭難対策協議会の隊長でした。

山岳救助のプロの話でした。


第4歩 気持ちあれば

三歩が、南米アルゼンチンを旅していた頃の話。

フィッツロイを登るパートナーを探していたときに、ある青年に声をかけましたが、彼はスペイン語しか話せませんでした。

名はカミロ。

お互い、言葉はほとんど通じませんでしたが、それでも意思疎通、意気投合。

難所も力を合わせ、励ましあって登りきりました。


必要なのは、真っ直ぐな気持ちと、近づく勇気。


三歩の話は、公園で仲間に入れずにいた男の子の背中を押すには十分。

男の子は勇気を持って、友達の輪の中に入っていきました。


第5歩 孝行

母の介護をしている八木竜二。

彼は、山で友人の良人を亡くしました。

良人の母が倒れてしまい、痴呆のような症状に見まわれた時から、彼は、時々息子の良人になりきって、母と暮らす毎日。


そんな母が亡くなって、八木は25年ぶりに、北アルプス上高地へ。

踏ん切りがついたのでしょう。

ようやく事件のあった屏風岩を眺めることができたという話。


第6歩 $4

救助した男性と口論になってしまった久美ちゃん。

前段階で阿久津とも口論していたために、ちょっと凹み気味。


一方、三歩もザックと口論。

ところが、三歩は、久美ちゃんとは違い、山でコーヒーを飲み、嫌なことを忘れる術を持っていました。


口論はいくらやってもいい。
当然、それが好転することもある。

そんな話でした。


第7歩 山のボーダー(前編)

自分の実力以上の上級者の斜面を滑ったために、コースを外れ、迷ってしまったスノーボーダーの2人。

闇雲に歩いた結果、一層迷い、携帯の電源も切れてしまいました。

そんな時、彼らを雪崩が襲います。


仲間たちの証言と、彼らのクセから判断し、三歩は単独で救助に乗り出しました。


第8歩 山のボーダー(後編)

雪崩によって埋もれてしまった2人。

声も出せないし、呼吸もままなりません。


救助に向かった三歩は、現場の状況から判断し、埋もれた2人に接近。

そして懇親の叫びを聞き取ることに成功し、何とか救助できました。

三歩の知識と判断力が光った話。


という12巻でした。

パイロットの青木の話は、(あぁ、きっとこのネタは温めてたんだろうな)と思いました。
登場した時から、今までずっとゴーグルとヘルメットしてましたしね。


今巻もいい話でした。

岳12

<<D.Grey-man私が読んだマンガとアニメ金魚屋古書店7>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム