FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 夏目友人帳 > 夏目友人帳10

夏目友人帳

夏目友人帳10

夏目友人帳10

い話が多い夏目友人帳は、お気に入りのマンガの1つ。

扱っている内容は妖怪ですが、殺伐としている訳ではないので、私は安心して読めます。
(グロいの苦手)


しかも、今巻は話が2つだけです。

では内容。


まず1つ目。
夏目の同級生が登場です。

夏目は、塔子さんに頼まれて、父、滋の誕生日ケーキを買うことになりました。

男3人では入りにくいケーキ屋さんの前で、小学校の頃のクラスメイト、柴田にばったり。

柴田は違う高校でしたが、今回、ある事情があって、夏目を探していました。


それは、とある公園で佇む、セーラー服を着た女性が本当に人間かどうかを見てほしいという不思議な頼みごと。


村崎という苗字のその女性は、実は柴田が疑っているように妖でした。


力の弱った木の妖、村崎は、人間でも食べてしまえば力が戻るかと思い、人に化けていたときに偶然出会ったのが柴田。

何度か会ううちに、柴田は、村崎に恋をして、村崎もまた、そんな柴田に惹かれた。


いつ会っても楽しくて、ちっとも食べる暇がない。


消えゆく自分を見せたくなくて、村崎は、遠くへ行くからもう会えないと手紙を書きました。

妖の文字で書かれた手紙は読めませんでしたが、柴田は村崎の心を感じ取り、村崎の正体を知った後でも、最期まで人として接します。

柴田に手を引かれながら、村崎はありがとうと言葉を残し、消えました。


ちょっと嫌なヤツ、でも悪いヤツではない柴田。
彼は、今後、どうからんでくるでしょうか。

妖と人の恋、そして、夏目の友達に対する成長が見られた話でした。



次は、久しぶりに名取が登場し、夏目が神になりすます話。


豊作の神、豊月(ほうづき)神。
地枯らしの神、不月(ふづき)神。

両者が争うことで、土地に影響を及ぼしてきましたが、今年になって豊月神が消えたとか。

見境のない祓い人が、豊月神を封じてしまったことが原因だそうです。

このままでは土地が枯れてしまう。


名取に与えられた今回の仕事は、明日の祭まで、その神を探すこと。

それができなければ、最終手段をとっても良いと言われます。


一方、夏目は、妖にある頼みごとをされました。

それは、いなくなってしまった豊月神の代わりとなり、祭に参加すること。

豊月神がいないということになれば、有無を言せず、不戦勝で不月神の勝ち。

だから、何事もなかったように神に成りすまし、勝負に勝って欲しいというのです。


くしくも夏目、名取、2人に与えられた課題は同じです。

以前の名取ならば、早々に探すことをやめ、最終手段、不月神を祓う方法に出ていたかも知れません。

ところが、夏目と出会った事で、少しずつ感化されているのでしょう。

夏目のことを心から心配し、気を落とす妖を励ますような言動も見られるようになりました。


2人は協力し、夏目が豊月神として勝負に参加している間、名取が神を探し、何とか穏便に事を済ます作戦です。


豊月神と不月神の勝負は「狩り」。

ある大きな妖を先に捕まえた方が勝ちです。


対象が大きな竜のような妖ゆえに、捕まえることが難しいと感じた夏目は、名取と協力して、先に封印された神を捜すことを選択。


探している途中、いろいろと危険なことに巻き込まれますが、何とか竜のような妖を捕まえ、さらに封印されている本物の豊月神を見つけ出すことができました。


土地は守られ、名取も妖を祓うことなく依頼件を解決できたことで名声が上がったというめでたい結末。

人、妖の友情、信頼などが描かれた話でした。

で、10巻終了です。


今巻では、お気に入りの多軌やヒノエ、紅峰は登場しませんでしたが、柊がいたので良しとします。

面を被っているので顔は見えないし、ぶっきら棒で毒舌ですが、何だか親しみが沸くというか、愛着が沸くというか。

名取の式という立場ですが、いっそのこと夏目組に入れて欲しいくらいです。

どっかで素顔が出てたような気もしますが・・・2巻あたりだっけ・・・?


じんわりとくる良い話が多い夏目友人帳ですが、ちょっとワンパターンゆえにパワーが落ちつつあるような印象を受けます。

こちらが慣れただけかも知れませんが。


そもそも友人帳を妖に返すのが目的で、それを巡っての話が根底にあるはずですが、近頃の夏目は、妖怪が絡んだ事件の仲介役、相談役、探偵のような立場になりつつあるような。

それはそれで楽しみは見出せるので構いませんが、個人的に、連載が長くなるにつれて趣旨がズレてくるという展開にだけはならないで欲しいと思う次第です。

ま、それでも好きなんですけど(笑)

夏目友人帳10

<< 黒執事9私が読んだマンガとアニメ金魚屋古書店6>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム