FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > とある科学の超電磁砲 > とある科学の超電磁砲5

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲5

とある科学の超電磁砲5

黒子の活躍の場が少ない。
それが何より不満です(`ε´)

ま、それでも新キャラがいろいろと登場したので楽しめましたが。

あ、第4位のレベル5「原子崩し(メルトダウナー)」の麦野も初登場です。


では。

学園都市最強のレベル5、アクセラレータがレベル6に進化するためだけに、量産されては殺されている御坂のクローン「妹達(シスターズ)」。

それを知った御坂は、偶然にもその戦いを目撃してしまいます。


思わず手を出した御坂でしたが、ベクトルを操るアクセラレータには、得意のレールガンですら全く歯が立ちません。


一方、長点上機学園の3年生、布束砥信(ぬのたばしのぶ)は、自身が関わってしまった、御坂のクローンを量産する「量産型能力者(レディオノイズ)計画」を阻止するために、都市の路地の死角をカバーするために、地裏にマネーカードを落として回っていました。


2人はそれぞれのやり方で、この実験を止めようとします。


御坂は20を超える実験施設を、サイバーテロと殴りこみで片っ端から破壊。

その対抗策として、製薬会社が学園都市の暗部組織「アイテム」に依頼したことで、御坂 VS 「アイテム」の戦いが始まりました。


「アイテム」は、麦野沈利(むぎのしずり)をリーダーとし、絹旗最愛(きぬはたさいあい)、滝壺理后(たきつぼりこう)、フレンダが構成員。

統括理事会も含めた暗部組織等の監視・制御を目的としているようですが、今回は、やってくる侵入者(御坂)から施設を防衛する任務です。


御坂は、リモコン式、時限式、着火式の爆弾を操るフレンダを退けたものの、後から加わった滝壺の「能力追跡(AIMストーカー)」と、麦野の「原子崩し(メルトダウナー)」に苦戦。

それでもフレンダが回収し忘れた大量の爆弾入りぬいぐるみを利用して、何とか勝ちました。


そして、布束砥信は、開発に携わった研究者として施設に侵入し、シスターズに感情をインストールして内部から計画を破綻させようとしますが、「窒素装甲(オフェンスアーマー)」の絹旗に捕まってしまいます。


実験に必要な大切なものは、すでに移送済み。

残った最後の研究施設ももぬけの殻。

捕まってしまった砥信。


これからどうなるかというところで5巻終了です。


ロングのウェーブ髪、巨乳の麦野は、見た目、任務を淡々とこなすお姉キャラかと思いきや、キレキャラでした。

キレキャラは嫌い(´-`)
そこにちょっとでもデレがあるならいいんですが。


フレンダのような茶目っ気キャラは好きですが、黒子の足元にも及びません。


全く関係ないけど、アニメのラストはかっこよかったな。

とある科学の超電磁砲5

<<働きマン私が読んだマンガとアニメピアノの森17>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム