FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > デッドマン・ワンダーランド > デッドマン・ワンダーランド7

デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランド7

デッドマン・ワンダーランド7

デッドマン側からも、一般囚人側からも疎まれる存在になった丸太。

ニンベンとなってしまったアザミを探しているところから7巻スタートです。


アザミを探している時、丸太は看守に捕らえられてしまいます。

看守長のマキナは、丸太を利用してアザミのいる場所、すなわちニンベンが収容されている場所を暴き、ニンベンたちを操っている洗脳システムを破壊するつもりでした。

もう少し言えば、デッドマンワンダーランド(DW)の秘密や、所長の玉木の悪事を暴くために、自衛隊時代の仲間、回向海堂(えこうかいどう)、我縞寅壱(がしまとらいち)、ボンブの強力を得て、クーデターを起こそうと画策。

そのための斥候のような役目を丸太に負わせるつもりでした。


丸太は、マキナの思惑通り、策もないまま、単身、ニンベンの巣へ乗り込みます。


そして再びニンベンとして仮面を被り、操られているアザミと対峙。

負傷しながらも、何とかアザミの仮面を破壊し、彼女の洗脳を解きますが、今度は玉木側の看守に捕まります。


連れて行かれたのは所長の玉木の目の前。

そしてそこで様々な秘密を聞く事になります。


丸太の母、五十嵐空江(いがらしそらえ)は、DWの前身である国立医療防疫センターに所属していた研究員で、前所長、剥切燐一郎(はぎれりんいちろう)の部下だったこと。

丸太は幼い頃に、シロと共にここに住んでいたということ。

ヒトの免疫機能を研究していた時、故意か偶然か、造られたのがレチッドエッグ(丸太が言うところの赤い男)で、大震災の後、その跡地にDWが建てられ、封印されたということ。

デッドマン同士で戦わせる死肉祭(カーニバルコープス)をやり始めたのは前所長で、その目的は、自らが造ったレチッドエッグが遊べるように、強い生贄を探すためだったということ。

玉木はそのレチッドエッグを殺すために、強いデッドマンを探していたり、さらにニンベンを造ったということ。

などです。


レチッドエッグを殺すために協力して欲しいという玉木の申し出を、丸太は即拒否。

そのために、丸太は、非人道的な実験の披検体にされてしまいます。

・・・とそこへやってきたのはシロとアザミ。

アザミは、自分を救ってくれた丸太が連れ去られた時、禁断症状と闘いながらも、他のデッドマンたちに知らせに行き、シロを連れてやってきました。

そして、マキナ元看守長も。


ニンベンたちを操っている、洗脳システムを壊そうと向かった丸太、アザミ、シロの前に立ちはだかったのは、ニンベンたちの中でも独自進化した、完成されたニンベン。甲部隊3人。

暁雷(あかつきいかづち)
三川一(みかわはじめ)
皇ウズメ(すめらぎうずめ)

罪の枝は、それぞれ、乱離乱身(らりらんしん)、双輪無双(そうりんむそう)、七色蝶々(なないろちょうちょう)です。

おびえるアザミ。
ひるんだ丸太。

そこへ、一度は丸太にひどいことを言ってしまったものの、反省し、協力しようとやってきた千地、水名月、助川、ヒタラじじいがやってきて、7巻終了です。


レチッドエッグの正体が徐々に明らかになるにつれ、シロの素直さというか、かわいさというか、丸太を想う気持ちも10%ずつ(当社比)UPしています。

そういう描写がされているのも、シロの正体がレチッドエッグだと分かった時に、周囲の人たちに与える衝撃を際立たせるためでしょうか。


今巻では水無月はあまり活躍しませんが、変わりにマキナ看守長が頑張ります。
ナチュラルにエロいマキナも、なかなかいい味出してます。


そういえば、丸太が実験されていた時に、痛みを消してくれた円獅子頭(まどかししと)って、ニンベンなのに仮面をしてないッスね。

ってことは、実は彼も甲部隊の1人でしょうか。
実験に耐えたって言ってますし。


ニンベンたちが使う罪の枝は蛇みたいなやつですが、甲部隊はそれぞれ違う罪の枝を持っているようです。
とすれば、咲神トト(モッキンバード)から抜いた血液(罪の枝)は、こういうところに使われていたってことでしょうか。

ま、想像しても分からないので、気楽にチャンスとピンチを繰り返すストーリーを楽しみたいと思います(笑)

デッドマン・ワンダーランド7

<<とある魔術の禁書目録5私が読んだマンガとアニメ×××HOLiC~ホリック~17>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム