FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > BLEACH (ブリーチ) > ブリーチ44

BLEACH (ブリーチ)

ブリーチ44

ブリーチ44

ルキアがNO.0のヤミーに苦しんでいるところからスタート。

やってきましたよ。
主人公が。

黒崎一護です(久しぶりだからフルネーム)。


霊圧も上がり、巨大になったヤミーですが、ウルキオラとの戦いで何かに目覚めた一護に一蹴され・・・と思いましたが、なぜか一護の調子が上がりません。

虚(ホロウ)化の仮面が重く感じるようになり、挙句の果てに、出すことすらできなくなってしまいました。


苦戦するかと思われたところへやってきたのは白哉と剣八。

ルキアの蒼火墜(そうかつい)は、ヤミーの顔あたりで爆炎が上がるくらいでしたが、白哉は詠唱破棄でも体全体を覆うほどの爆炎。

そして、あっさりとヤミーの足1本を切り落とした剣八。


一護は、ヤミーを2人に任せ、涅マユリが解析した黒腔(ガルガンタ)を通り(虚圏に来る時は浦原の術でやってきた)、現世の藍染たちの元へ向かいます。

卯ノ花隊長も一緒です。


現世に向かう道中、一護は、藍染の斬魄刀「鏡花水月」が始解の瞬間を相手に見せることで術が発動すること、そして、それを見ていないのは、現世、尸魂界(ソウル・ソサエティ)、虚圏(ウェコムンド) でも自分だけ、ということを卯ノ花隊長から聞きます。

要するに、藍染を倒せるのは一護だけ。

しかも、卯ノ花隊長により、霊圧を回復してもらいます。


万全の状態で藍染、ギンに相対することができるでしょうか。


場面は戻ってヤミー VS 白哉と剣八。

余裕で倒せそうでしたが、ヤミーは怒りにより、さらに巨大に。
どうやら傷も癒え、これからが本当の戦いのようです。


今度は現世。

平子真二 VS 藍染。

平子は、他人の神経を100%支配する斬魄刀が鏡花水月だけだと思ったら大間違いだと言い、部下であった藍染に一度も見せたことのない斬魄刀を解放。

「倒れろ 逆撫」


そこで場面は変わります。

檜佐木、狛村 vs 東仙要は、いよいよ決着がつきそうです。

虚化した東仙は超速再生も手に入れ、すでに檜佐木、狛村を凌駕していますが、さらに刀剣解放(レスレクシオン)。

圧倒的な力を手に入れた上に、これまで見えなかった目が見えるように。

ところがそれが災いしたのでしょう。

見えない頃ならかわせていたであろう、背後からの檜佐木の剣にあっさりと貫かれます。


というところで44巻終了です。


これで東仙が死んでしまったら、ちょっとあっさり過ぎじゃないですか?

仮にも藍染の直近の部下なのに。

とは言え、どうせ藍染との戦いは長いでしょうから、その前にダラダラやられるのもちょっと・・・って感じですが。


注目すべきは平子真二の斬魄刀でしょうか。

相手の神経を支配するらしいですが、全く分かりません。

でも、斬魄刀の解放が下向きですよね。
刀身が下を向いてるってことが、斬魄刀の能力に関係あるんでしょうか。

って思い出しましたが、平子真二って、一護の学校に転校してきた時、鏡文字で自己紹介とかしてましたよね。

なるほど。それか(何も分かってない)。

⇒ ブリーチ44

<<バクマン8私が読んだマンガとアニメCOPPELION7>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム