FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 黒執事 > 黒執事1

黒執事

黒執事1

黒執事1

妻が表紙をみて、すぐさま気に入ったマンガです(笑)
でも人気があるようで、なかなかレンタルできません。

貴族の当主シエル・ファントムハイヴと、有能、万能な執事セバスチャン・ミカエリスを中心に話は展開。

ファントムハイヴ家の秘密や、当主と執事の関係が何なのかが少しずつ明らかになっていきますが、まだ連載中。
先は長いです。

アニメ化も決定していて(2008年10月から)、気になるところ。

さて、ようやく借りれた1巻から。

執事セバスチャンは最強です。
中国の奥地から突然やってきた拳法の使い手にも、その奥義であっと言う間に勝ってしまいます。

強くて礼儀正しく、美しい。

ウチの妻も気に入るはずだ(笑)


さらに、大切なお客がやってきたときに、他の使用人たちのミスで屋敷が廃屋のようになった時も、機転を利かしてワビサビの世界を作りました。

えぇ。そうですよ。
この時、おかしいと思うべきでしたよ。

球根の状態のあやめを、一体どうやって咲かせたか。

許婚のエリザベスが当主に伝わる指輪を壊した時も、どうして復活させられたか。

まぁ結論から言うと、彼は「あくまで執事」だった訳ですが(笑)


そしてだんだん分かってきました。

ファントムハイヴ家当主、シエル・ファントムハイヴは、女王(イギリス王家・国家)のために、イギリスに麻薬などを持ち込もうとするマフィアを始末する裏社会の掃除をする一族の末裔。

「悪の貴族」「女王の番犬」なんて呼ばれています。

そして、話の1番最初に出てきたクラウスさんはどうやらその仕事を手伝っているようです。


そして何よりこのセバスチャン。
100年生きてます。「悪魔で執事」でした(爆)。

シエルが払った何らかの犠牲と引き換えに、セバスチャンと契約を結んでいたようです。
シエルの魂を得るまで。

シエルの右目とセバスチャンの左手に同じ文様があります。


どんな契約なのか、どんな仕事なのか。

気になる2巻はまだ借りれません(/ー ̄;)

 ⇒ 黒執事1

<<涼宮ハルヒの憂鬱1私が読んだマンガとアニメ王様の仕立て屋14>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム