FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 華麗なる食卓 > 華麗なる食卓36

華麗なる食卓

華麗なる食卓36

華麗なる食卓36

フランス料理の榊圭吾 vs エディブルガーディアンの蓮見響也。

前菜5品目勝負でしたが、右手を怪我してしまったケーゴがどうなるかというところから。

まぁ展開は予想通りだったワケですが。


では36巻。

ケーゴの5品は以下の通り。

カレー風味のカクテル。

減圧加熱調理を使った、カレーの味が染みている生の芽キャベツ。

液体窒素を使って瞬間冷凍させ、薄く削ったアンキモ。

液状の食材を泡状にするエスプーマを利用した焼きピーマンと、不織布に薫煙をつけ、それで包むことで薫香をつけたイクラ。

ウズラのバルゥート。


対する蓮見は陰陽五行にのっとって森羅万象を現した5品。

稚鮎の南蛮漬け。

カレー風味のバーニャカウダ。

大量のカレー肉汁を挟み、ショウガの炭でコーティングしたラムチョップ。

サクラエビを衣にしたカレーコロッケ。

マサラティーのアイス。


こんなハイレベルな戦いも、テーマが前菜だったにも関わらず、その5品だけで食べた人を満足させてしまった蓮見の負け。

・・・でしたが、怪我をしていたケーゴは辞退し、蓮見が繰り上がりで2回戦進出です。


その後は、マキトの店がテレビに出たことで繁盛し始めたという話。

エディブルファイトで司会をしている売れっ子のYURIKA嬢が、マキトに懐いてきているという話。

最後はエディブルガーディアンの江上 vs 栫井、中條ペアの試合で36巻終了です。


食材の声が聞こえるとか、見ただけで相手の技をコピーできる蓮見が、あっさり負けたのは拍子抜けでした。

確かに、強い存在でなければならないキャラが多いので、仕方ないような気もしますが。

今巻は個人的にイマイチだったな。
何でと聞かれると困るけど。

Fカップちゃん出してくれ。
GIFC本社の八木沢杏でもいいけど。

 ⇒ 華麗なる食卓36

<<バクマン7私が読んだマンガとアニメいぬばか21>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム