FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 隠の王(なばりのおう) > 隠の王8

隠の王(なばりのおう)

隠の王8

隠の王8

何だかよく分かりません(笑)

風魔小太郎は、相澤を「白澤(はくたく)」と読んでいるとか。

ヨイテは死ぬことじゃない、何か別のことを望んでいるようだとか。

ヨイテとそらという人物の関係は?とか。

いろいろ謎が明らかになりそうで、でも新たな疑問がわいてきたり。

で、とりあえず8巻。


相澤は自分の正体を雲平先生と雷鳴に明かしました。

江戸後期、忍で町医者だった男に森羅万象が宿り、その際に行われた生体実験。

その時に生き残ったのが、相澤とシラタマ。


不死の身体となってしまった2人は、それからずっと生き続け、秘術が復活する度に追い求めていました。

死を迎えるために。

だから相澤も、壬晴には森羅万象を使って欲しいと思っています。

とは言え、もう自分たちのような存在を生んで欲しくないから使わないで欲しいとも。

そんな矛盾した感情。


円月輪の在りかも知っているという相澤のセリフや、いろいろ考えるところもあったのでしょう。
雲平先生は、姿を消しました。


その捜索をする雪見、雷光、我雨、そして壬晴、ヨイテ。

服部首領の付き人だった一季さんが、防衛省特殊機密諜報部隊の「傘」と通じていて、雷鳴、相澤の抹殺、そして風魔忍の勢力を削減、さらに灰狼衆の襟正しを命じたところで終了です。


森羅万象について、どうやら壬晴の両親、旭日(あさひ)、暁(あかつき)のどちらかが、壬晴の前の持ち主であり、その秘術を使った術者のようです。

雲平先生を捜索する命を受けたはずの雪見は、単独行動で何か違うことをしようとしていますね。

この巻もどうせ読むなら9巻と続けて読んだ方が分かりやすいかと思います。

隠の王8

<<いぬばか21私が読んだマンガとアニメカレー屋復活>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム