FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 岳(がく) > 岳11

岳(がく)

岳11

岳11


第0歩 オレの足で・・・


谷村山荘のオバさんが愛用している形見のチェアを壊してしまった三歩。

弁償するためにビル清掃の仕事をしています。


そこへ飛び込んできたのは、会社が倒産し、仕事を探していた伊達です。

仕事を得るのに焦るあまり、高所恐怖症であることを隠していましたが、三歩と共にビルの窓拭きをすることに。

もちろん怖くて大変な仕事でしたが、平らな道ばかりを歩くことに慣れていた伊達は、何かを見失っていました。

そして三歩の勧めで山へ。

自分の足でデコボコ道を歩き、自分は前に歩いているんだという実感を得ることができたという話。


第1歩 山がよぶ

滑落した向井は意識が朦朧としています。

三歩は彼を励ましながら応急手当をし、レスキューの牧さんのヘリで地上へ。


それから2年。

様々な部位の骨折や、腰椎を損傷したにも関わらず、向井は厳しいリハビリの末、再び山へ戻ってきました。

ヒマラヤにも登ったことのある向井でも、復帰一発目では、たった50mの山がとて大きな山。

それでも向井は登りきりました。

山に呼ばれて戻ってきた男の話でした。


第2歩 もう!!

早朝の3時50分。
御来光ツアーに参加していた1人が滑落したということで、久美ちゃんは起こされます。

年頃の女性にも関わらず、寝ぐせを直す時間もありません。

しかもいろいろと仕事がたてこみ、パトロールやら買出しやらと、山をあちらこちらと走ります。

ふと悲しくなることもあるけれど、一生懸命な久美ちゃんをカワイカッコいいと思う登山家もいたように、それを見ている人は必ずいる。

そんな話でした。


第3歩 フライドチキンあげる。

今度はナオタ。

同じクラスのケイは、父の仕事の関係で中国に引っ越すことになりました。

ナオタを好きだったケイは、自作自演で相々傘を書いてみたり、ちょっと文句を言ってみたりと小学生らしいイタズラを。

事情を聞いた久美ちゃんは、予定していたキャンプを切り上げ、ナオタを見送りにやるのでした。

そんなナオタの青春の話。


第4歩 前へ

山へ登ったきり帰ってこないという通報があり、三歩を含め、捜索隊が組まれます。

40歳で単独登山の女性です。

家族も心配で山へ泊り込み。

弟の中沢透は、そんな姉の無鉄砲で突っ走る行動を嘆きますが、母にしてみれば透も同じ。


姉は遭難した場所で待っているか、登り返したか、降りたか。

性格から推測した三歩は、無事に貴子を発見。
真っ直ぐに下山するルートで、テントを燃やして合図を送っていました。

いつもの無鉄砲さで救われたという話でした。


第5歩 友来たる

三歩とザックの友達、ドウェインがやってきました。

ヤセのディーと呼ばれていたのは昔の話。
今はかなりの恰幅です。

にも関わらず、3人で山に登ると言いました。


息を切らしながら登り、そのうちディーは足をくじきます。

しかも、運悪く、三歩に救助の要請が入ってしまいました。


三歩が隊長だった頃のスパムの話を思い返しながら、文句を言いつつもザックは、重いディーを背負い、ゆっくり下山したのでした。

どんなに太ろうと、どんなにブランクがあろうと心はクライマー。

山が好きならやめることはないという話でした。


第6歩 忘れモノ

山で行方不明になってしまった塩谷。

捜索ヘリに向かって一生懸命旗を振っても、全く気付いてもらえません。

それでもレスキューの三歩や牧さんの粘りで、8日間もの間何とか生きつづけ、無事に救助されました。

62歳でも折れない心で頑張った塩谷さんの話でした。


第7歩 接点

久美ちゃんが山を歩きながらパトロールしている際に出会った1人の男性。

彼はその後、滑落して息を引き取りました。


久美ちゃんは、危ないルートだから気をつけて行ってくださいと声をかけてしまった自分を責めます。

なぜ止めなかったのだろう。
なぜ別ルートを勧めなかったのだろうと。

久美ちゃんは、三歩に励まされて立ち直ります。

山に来ることができて幸せそうだった彼の様子を、久美ちゃんはしっかり遺族に伝えることができました。


第8歩 冬支度

小屋を冬支度していた阿久津は、ハシゴが倒れてしまい、上に取り残されてしまいました。

その頃、久美ちゃんはオフを利用してバーゲンに1番乗り。

念願だった冬服をごっそり買うつもりでしたが、本格的に気温が下がり、ピンチになった阿久津から電話が。

真剣な声に、久美ちゃんはバーゲンを泣く泣くあきらめて山に戻ります。


しかし、それより前に、小屋に戻ってきた三歩に助けられた阿久津。

あとで久美ちゃんに怒られつつも、みんな無事でよかったという話。

最後はナオタも交えて、みんなでカツラの木の冬支度を見て終了。

それぞれの冬支度の話でした。

うん。
やっぱりいいな。岳は。

 ⇒ 岳11

<<テガミバチ9私が読んだマンガとアニメ隠の王6>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム