FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > デッドマン・ワンダーランド > デッドマン・ワンダーランド3

デッドマン・ワンダーランド

デッドマン・ワンダーランド3

デッドマン・ワンダーランド3

今巻は何と言っても鷹見水名月(たかみみなづき)でしょう。

ウッドペッカーこと五十嵐丸太と、ハミングバードこと鷹見水名月。

その2人が戦います。


個人的に、水名月みたいな弱気な妹キャラは好きですが、本性を表した水名月が、少しずつ優しくなっていくというツンデレは、もっと好きです。

さて3巻。


丸太と同房の鷹見羊。
彼の妹が水名月です。

羊は、妹をこの場所から抜けさせるためにCP(カストポイント)を貯めていました。
刑期を買うことができると信じて。


水名月や、丸太のいるG棟は、自らの血を操ることのできる特殊な人間たち(デッドマン)が収容されている秘密の棟。

彼らをショウとして、解毒剤のキャンディと、命をかけて戦わせる死肉祭(カーニバル・コープス)で、今度は丸太と水名月が戦うことになりました。


花が好きで、健気で弱々しく、引っ込み思案だった水名月は、実は他人を一切信用しない、口が悪く乱暴な狂気的な女性でした。

ショックを隠せない丸太でしたが、その試合の最中、兄の羊が乱入。
羊は、妹の本性を知った上で、それでも守ると言いました。


震災の時、母が手をふりほどいて逃げたことで、水名月は人間を信じられなくなりました。

手から撃ち出す血の弾丸(ガンタガン)と、頭突きで水名月に勝利した丸太は、兄の羊と共に、そんな水名月の心を癒すことができるでしょうか。


さて、場面は代わってシロ。

シロは、寝たきりになっている所長の元にいました。

しかも、丸太が恨んでいる赤い男(レチッド・エッグ)=シロ だったことが判明。

まぁその時の記憶はなさそうですが。

幼い頃、丸太とシロは友達で、丸太の母が携わっていた研究の犠牲になったようです。


それを知っている所長は、レチッド・エッグ(シロ)に殺されてしまいました。

とうとうプロモータの玉木が所長になるのでしょうか。

デッドマンのような者達を量産しようとしているようですが。


最後は新たなデッドマンたち。

ここDWには、他にもデッドマンたちがいます。
その中で、自由の鎖(スカーチェイン)と呼ばれる反体制組織が、丸太に接触してきました。

リーダーは剣ヶ峰凪(けんがみねなぎ)、副リーダーが興緒 唐子(こしお からこ)。

不条理なDWをつぶそうとしている組織で、丸太に強力を要請してきたという流れ。


そこへ、玉木プロモータともつながっているロックな坊主(?)、弦角がやってきて、丸太を殺そうとしますが、今度はシロが登場して・・・というところで終了です。


デッドマンは数人しかいないのかと思いましたが、結構いたようです。

スカーチェインの目的が、本当にDWを潰すことかどうかはまだ分かりませんが、所長が死んだことで、玉木が支配するようになったDWは、ますます大変なことになりそうです。


それに、何よりシロがレチッド・エッグだったということ。
全く予測していなかったわけではありませんが。


そして鷹見水名月。

個人的に期待大です ( ̄ー ̄)ニヤリ

⇒ デッドマン・ワンダーランド3

<<隠の王6私が読んだマンガとアニメブリーチ43>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム