FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > BAMBOO BLADE(バンブーブレード) > BAMBOO BLADE6

BAMBOO BLADE(バンブーブレード)

BAMBOO BLADE6

BAMBOO BLADE6

決勝戦の相手は東城高校。

こういう大会にはつきものの、イタズラをしたり脅しをかけたりするようなダークな高校です。

タマちゃんを外に呼び出し、倉庫に監禁しようとしました。

ギリギリで脱出できましたが、その際に足をくじいたタマちゃん。

試合は、東が腹痛のために引き分け。

ミヤミヤは負け。

サヤは勝利。

1勝1敗1分けで臨んだ副将戦。

キリノは母親の検査結果がまだ出ていないことで集中力が異常に高まりトランスキリノに。
そして試合は圧勝。

タマちゃんvs小西です。

ズルいことをして戦いに勝とうとする行為は、タマちゃんからすれば剣の道から外れる行為。

小西は剣道家ではない。

足は満足に動かせませんが、タマちゃんは本気、いや、若干キレ気味です。


封印を解いた、悪者を倒す突き(アトミックファイヤーブレード)であっさり1本を取りますが、足のケガに気付いたコジローに止められて棄権。


試合の行方は、勝利数も取った本数も同じゆえに、最後の1戦で決着が着くことに。

キリノが代表で戦いましたが、その時に母親が元気になったことを聞かされてトランスキリノは終了。
あっさり負けてしまいました。


まだ思うように結果は出ませんが、それぞれが少しずつ強くなっているようです。

そしてタマちゃんは、改めて父親からも突きを封印されました。


あとは剣道部にテーマソングができた話と、道場にユージの書と、ダンが描いたミヤミヤの画が飾られたという話で6巻終了です。


キレたタマちゃんの連続1本で試合終了かと思いきや、まさかの棄権。
そして敗退でした。

てっきり普通のマンガのように、都合よく突き進むのかと思ってましたが。


まだまだタマちゃんに適う相手はいませんが、1巻でコジローの先輩が、あいつは1度負けた方がいいとか言ったことからも、今後、強力なライバルが登場することは間違いないでしょう。

何と言っても、母を思い出してしまう上段の構えが苦手ですもんね。

BAMBOO BLADE6

<<バクマン5私が読んだマンガとアニメいぬばか20>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム