FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > COPPELION(コッペリオン) > COPPELION5

COPPELION(コッペリオン)

COPPELION5

COPPELION5

前巻の最後で小津姉妹が登場しました。

その続きからです。


姉の歌音(かおん)の特殊能力は放電。
「とある科学の~」の御坂みたいなやつです。

妹の詩音(しおん)は怪力ギャル。


2人はちょっとイカれた性格ですが、これは元になった人間(女優の小津句音)が連続殺人犯だったため。
加えて、自分たちを身勝手にクローンとして誕生させたこの国を恨んでいます。


コッペリオンの掃除係として東京に派遣されたものの、2人は自主退学。

核廃棄物を原子力発電所(通称石棺)に集め、放射能を日本、世界へばら撒こうとしている第一師団に肩入れし、動機は違いますが、自分たちの恨みを晴らそうとしています。


こんな小津姉妹に、産気づいた息吹を渋谷の病院に運んでいる最中に襲われた訳です。

トレーラーが破壊され、逃げようにも歌音のイオン感知能力のために隠れることができません。

荊はここで戦うことを決意。


第一師団から奪った戦車で、小津姉妹と戦い、高圧水素タンクを使って小津姉妹を爆破。

・・・したものの、姉の歌音は、妹を盾に被害を免れました。


そもそも、コッペリオンは突然死する存在なのだとか。
ゆえに人形(コッペリオン)。

教頭と遥人の話を聞いてしまった時から、一層歪んだ性格になったようです。


荊は、苦戦しつつも何とか2人を気絶させました。

倒したものの、彼女たちはそのうち目覚め、また襲ってくる。

大急ぎで渋谷へ行こうとしますが、小津姉妹の仕掛けた高レベル廃棄物は、三鷹を囲むように設置されていて、コッペリオン以外は脱出できそうにありません。

さらに偏西風の影響で、危険区域(ゾーン)は拡大。
自分たちのアジトももう危険になりました。


そこで、今は使えなくなっていますが、電車の出番です。


整備班が、電車を鉛でコーティングしたり、切れている線を直し、新宿へ向けて防護車両(シェルター)を引いて加速する。

陽動班が、小津姉妹と第一師団をひきつけ、三鷹駅を通過する電車に乗る。

武蔵野電鉄作戦です。


そして万が一、息吹の出産が早まった場合は、2,3巻で登場して救助された、あやめ婆さんの指示で、タエ子が赤ちゃんを取り出す。

準備は整い、閉じこもっていた葵も出てきて、いよいよ次巻では作戦決行です。


そんな5巻。


小津姉妹の気持ちも分からんでもないような。
自分がクローンだったら、確かに恨みそうな気もしますし。

でも、小津姉妹のような存在が次々現れ、ダラダラと戦闘が続くなんてことはナシにして欲しいと思いますが。


ってか、このマンガ、無理やり映画とかになりそう・・・

COPPELION5

<< 華麗なる食卓34私が読んだマンガとアニメテガミバチ5>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム