FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > グ・ラ・メ! 大宰相の料理人 > グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~5

グ・ラ・メ! 大宰相の料理人

グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~5

グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~5

「グ・ラ・メ!」はたまたま棚で見つけた料理マンガ。

絵に惹かれました。妻に見せると「これにしよ」と即決。

そうやって借りたのが始まりでした。

グラメは絵、ファッションがかっこいいッス。

そして料理系のマンガということでそれだけでも私たちにはポイント高。

この5巻には、初めて、一木くるみの師匠、大沢公(おおさわこう)が登場します。

しかもいきなり最初から。

吉田茂以来、60年ぶりに復活した首相官邸の専属料理人一木くるみ。

その師匠なんですから、そりゃ期待してました。

でも。意外と普通の良いオジサマって感じでした。

クセのある、強力な個性の持ち主だったらよかったのに。ちょっと残念。


今回の話は大きく2つ。

まず1つ目は、公用車の廃止などで阿藤首相は官僚ともめます。

そこでルージュチーム(くるみ&ノエル)とノワールチーム(理子&ダイ)、そして縁があり、急遽加わることになった吉田さんと5人で、官僚に対する「怒り」メッセージをこめた料理を作り、阿藤首相をサポートします。


こんな官邸料理人がいるなら、本当に政治も変わるかもしれませんねぇ。

美味しいものを食べながら会議をすることで、ずいぶん違うみたいですから。



2つ目は、阿藤首相は、もめた事務次官の1人を官房副長官として抜擢、そして拉致問題で揺れる中、極秘裏にN国の最高指導者に会いに行くという話。

あの国のことですか・・・

N国最高指導者張成日が登場したところで、この5巻は終わってしまいますが。

「一木くるみ・・・まさかこんなところで再会するとは・・・」

なんて言っている料理人がいましたね。

N国のお抱え料理人には日本人もいるみたいなので、くるみちゃんと縁がある人なんでしょうね。

6巻を楽しみに待ちましょう。

現在の政治状況とリンクしている所が多いのがグラメの特徴。

だから新刊がでるペースが遅いんでしょうか?


くるみも捨てがたいですが、個人的には神矢ノエルが好き。

北海道なまりなのがちょっと違和感がありますが、絵からも透明感が伝わってくるし、子供の「幸(サチ)」もかわいいッス。

知り合いの子供もサチなんで(関係ない)。


ダイがノエルの子供を見て、(誰の子だ・・・?いや・・まさかそんなハズは・・・)

とか言うシーンがありましたがあれは? まさかダイが父親とか言わないッスよね?

ダイとかいらねーし・・・(おい)


本の最初で大沢師匠がコートジボアールから買ってきたというスパイス「グレンヌ・ド・パラディ」通称天国の種は、買おうと思えばネットで買えます(笑)

誰か師匠に教えてやってください<(_ _)>


グレンヌドパラディ

天国の種

グレンヌ・ド・パラディ
(天国の種、幻の種)

カルダモンに似ているようで、コショウのような味+軽いレモンの香り。
西アフリカ地域では、ジャガイモ、ナスの料理などに使うそうです。


 ⇒ グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~5  ⇒ レビュー

<<薬師寺涼子の怪奇事件簿5 巴里・妖都変(後編)私が読んだマンガとアニメ薬師寺涼子の怪奇事件簿4 巴里・妖都変(前編)>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム