FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 王様の仕立て屋 > 王様の仕立て屋23

王様の仕立て屋

王様の仕立て屋23

王様の仕立て屋23

前巻の日本編が終わり、再びアメリカへ戻ってきたメンバー。
ロドリーゴのハリウッドデビューが決まったというところからスタートです。

服の仕立てで23巻。
頑張ってます(笑)


order135 バラ色の人生

アカデミー賞常連の監督ゴールドバーグの最新作に主演することが決まったロドリーゴ。
ハリウッドデビューが夢だったロドリーゴは、ドッキリじゃないかと疑うほどです。


服飾関係の助言も欲しいと言うことで、ニューヨーク支店長のフェデリカ、織部、マルコ、セルジュ、ジラソーレ社のラウラ、ヴィレッダ、イザベッラ、そして主演が決まったロドリーゴがハリウッドに出入りするようになりました。

完璧主義者で妥協知らず。
冗談が大嫌いなゴールドバーグの言動に振り回されながらも、ロドリーゴと悠は監督と近しい間柄に。

悠の速くて融通の利く仕事ぶりに、監督はこれまでのトップクラスの衣装スタッフを解任し、悠を衣装担当に指名。

こうしてジラソーレ社NY支店は監督の最新作に巻き込まれました。


order136 エデンの東

映画のヒロイン役のエイミーは、子役で成功したものの、その後しばらく舞台から離れていた女優。
その高いプライドで、時々監督とぶつかりますが、ロドリーゴや悠のおかげでスタッフにも溶け込むことができ、映画も軌道に乗りそうです。

この辺り、当たり前ですが、アメリカ関係の服の薀蓄が多くて面倒です(おい)。
服を仕立てることとはちょっと違い、もはやファッション史や、コーディネートについてなので。

仕立て関係のネタは切れたんでしょうか。


order137 犬の生活

服飾の専門学校を飛び出したラウラは、その後、いつのまにか悠の近くにいて、ジラソーレ社の契約社員として働いていますが、ここで母親と鉢合わせ。

大学くらいは出て欲しいと言う母親を納得させるため、主役のエイミーの父のタキシードをあつらえました。


久しぶりにラウラが登場したのがグッドですd(⌒ー⌒)

ラウラも悠の仕事をずっと見てる訳ですから、学校では味わえない経験をたくさん積んでますね。
そういえば、学校でライバルのような存在だった男の子がいませんでしたっけ?

別にどうでもいいけど。


order138 戦場のメリークリスマス

撮影が行き詰まり、突然中断した間をぬって、大道具のチェンバースから依頼を受けた悠。
今度はレインコートを利用したコーディネイトです。

その仕事にピンときた監督は、それを元にして撮影を続行。

うまくいったという話。


order139 勝利への脱出

不況の波が訪れ、ジラソーレ社も危機です。
それは支店も同じ。

パリ支店のエレナも、ロンドン支店のクラリッサも、そして情報通で策略家のベアトリーチェでさえ、頭にキノコがはえるほどです。

その影響は上り調子のニューヨーク支店にも。
せっかくうまくいっていたゴールドバーグ監督作品への協賛もできなくなってしまいました。


監督はスポンサーを回りますが、どうにもなりません。
そこで決心。

全財産を処分して撮影を続行しました。

ジラソーレ社も、安価な量産品を扱うアメリカを補助するために社員を派遣。
映画グッズの販売権も手に入れ、最後の賭けに出ました。


order140 地上最大のショウ

とにもかくにも成功した映画により、ロドリーゴは一躍スターの仲間入り。
悠に注文を出すという、長年の約束も守れました。

そして悠たち一行はイタリアに帰国。

ロドリーゴは舞台挨拶で忙しい中、当初の目的でもあった州議員ストロンボーとも会えました。
出世払いにしていたパンツ代を支払ってもらうってやつです。

そこで会った全米ライフル協会の名誉会員に、知らずに銃批判をしてしまったことで、議員とも仲たがい。
舞台挨拶もそのままドタキャン。

莫大なギャラでイタリアの借金は返したものの、居心地が悪くなったロドリーゴは、再びイタリアにいるのでした。


アメリカ編も終わりました。

これでジラソーレ社には支店はもうありません。
まぁ、フェデリカが西海岸に2号店を出すとか言ってましたが。

織部一行は、再びイタリアで、これまでのように高い注文服でやっていけるのでしょうか。

第二開発課のラウラは、今回大学の話も出てましたから、もしかしてジラソーレ社を離れるってこともあるかも。
そしてヴィレッダは以前いた靴職人の元へ戻ったり。
イザベッラは父の元へ帰るとか、結婚するとか。

何でもいいんですが、ラウラだけは手元においておいてください<(_ _)>

 ⇒ 王様の仕立て屋23

<<もっけ私が読んだマンガとアニメAIR>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム