FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 岳(がく) > 岳10

岳(がく)

岳10

岳10

第0歩 春一番の柄

山で父を失ったナオタにとって、三歩は兄(父)、谷村さんはお母さん代わりです。

学校の授業でやった陶芸で、ナオタは三歩にコーヒーカップ、山荘の谷村さんに皿を造りました。
それぞれにメッセージを添えて。

谷村さんには「長生き」。
三歩には「安全」。

小学生のナオタはまっすぐに、でも優しく、強く育っています。

三歩からお返しに山の武器、ピッケルをもらいました。


第1歩 格別な場所

山で働く阿久津は、救助の練習中、自分の不注意を叱られました。
仕事に対して、今一、気持ちが込められていないようです。

スズに、どこかへ行こうと誘われても、山で滑落した遺体を見た後では気乗りしません。

そんな時、三歩に励まされ、自分の仕事場でもあり、自分にとって格別な場所でもある山へ、大切な人を連れて行ったという話でした。


第2歩 何回も何回も・・・

工事現場でアルバイトをしつつ、路上でサックスを吹いている春野。

行き詰っていたこともあり、たまたま勧められた登山に行ってみることに。

山が見ている。
山が聞いている。

何千回も何万回も同じことを繰り返しているロープウェイのおじさん。
たくさんの荷物を運ばなければならないにも関わらず、重いけど重くないと言う三歩。

山に何となく励まされた春野は、寒くても寒くないと言い張り、路上演奏に力を入れるのでした。


第3歩 シッポとアタマ

大手商社で30年以上働いてきた北野と安西。
山岳部だったこともあり、久しぶりに登ってみることに。

若い頃は何でも無かった山が、今となっては遠い頂。

競争して走って登っていた山を、今度は協力して一緒に登ります。

今日が一番きれい。

きっとそれぞれの道で、また新たに頑張れることでしょう。


第4歩 男の武器

三歩にピッケルをもらったナオタ。
うれしさのあまり常に持ち歩いてしまいます。

三歩と街を歩いている時、怖そうなオニイサンのズボンをひっかけて、破ってしまいました。

ナオタの代わりに三歩が殴られたり蹴られたり。

滑落して足が折れていた人はもっと痛かったはず。
山の雷の方が怖い。
やり返すより一刻も早くラーメン。

三歩らしい考えです。

もう泣かないと決心したナオタ。
ナオタは来年、中学になったらそのピッケルで山に登るつもりです。


とうとつに思いついたんですが、この「岳」って、三歩が死んで終わるんじゃないかな。
で、ナオタが泣きそうになりますが、この時の誓いを守って泣かないで笑うとか。


第5歩 本当の贅沢

久美の学生時代の先輩で、月刊誌の編集をしている阿部直美。

周りに何でもある都会の生活に慣れ、いろいろと無感動になってしまっています。

苦労しつつも久美の案内で登った山には何もないけれど、涙が出るほど感動できました。

彼女の趣味の1つになりそうです。


第6歩 山の道の手前で・・・①

また阿久津君の話です。
チーフと訓練しているとき、チーフの子供の頃の話を聞きました。

父は一生懸命自転車の乗り方を教えてくれたけど、全く身に付かなかった。
でも、次の日に友達が乗っているのを見て、うらやましいと思ったとたん、自転車に乗れるようになったと。


先輩方は一生懸命、阿久津に山のことを教えようとしますが、それでも身につかないのは、山に気持ちが入っていないからではないか。
もし、そうなら山から去った方がいい。

チーフにそう言われた阿久津は考えこんでしまいます。
ところが、家に帰ると、スズから赤ちゃんができたと告げられました。


第7歩 山の道の手前で・・・②

赤ちゃんができたとは言え、救助を辞めようと思っている阿久津。
救助どころか、自分は人の親になれるかどうかという不安までよぎります。

そんな時に、雪山で遭難したとの知らせ。

分かれて捜索している時に、阿久津は、かろうじて生きている中年女性を発見しました。


第8歩 山の道の手前で・・・③

遭難していた女性を発見したものの、自分の荷物を落としてしまった阿久津。

今にも消えそうな命を救うため、助けたい一心で、雪の急斜面を背負って登ります。

その頑張りが、人間を1人、救いました。

家に帰った阿久津の顔は、どこか頼もしく見えるのでした。


そんな10巻。

思わず予測してしまった岳の最終話ですが、意外と当たっているかも。

ま、これまでそんな予想が当たった試しはないんですが(笑)

岳10

<<妖怪のお医者さん11私が読んだマンガとアニメとめはねっ! 鈴里高校書道部5>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム