FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 交響詩篇 エウレカセブン > 交響詩篇 エウレカセブン6

交響詩篇 エウレカセブン

交響詩篇 エウレカセブン6

交響詩篇 エウレカセブン6

アニメだと結構長いのに、マンガだとたった6巻。
最終巻です。


ホランドの働きで、自壊プログラムのデータを手に入れたものの、コーラリアンに退けられてしまったレントンとドミニク。
大怪我はしましたが、まだあきらめません。

そのプログラムを修正した抗体を装填させた銃を持ち、ニルヴァーシュ、ジ・エンドで再びコーラリアンに向かいました。


抗体を打つ事に成功したものの、ドミニクはコーラリアンの攻撃により死亡。

レントンはコーラリアンの中に入り、エウレカを救うことができました。


コーラリアンは元サンゴ。
生物同士が殺しあっていることを恐れ、また、自らが殺されることから逃げるために進化を続け、人間を食べることでこれまで生きてきました。
そうしていつも1人きり。

彼らにとってノイズであったレントンとエウレカが、信じあうこと、愛することは温かいものだということを思い出させてくれました。

そして地球を滅ぼすことなく、バラバラになって人間たちの前から消えました。
レントンの腕の中で、エウレカも姿を消しました。


コーラリアンが消えたことでスカブ、トラパーなどもなくなり、これまでなかった海が湧き出て、人間の生活が一変。

ホランドとタルホは結婚。
ゲッコーステイトのメンバーも、それぞれの場所で生きています。

地球がなくならなかったのだから、コーラリアン、エウレカは消えたわけじゃない。
きっと人間と生きることを選んだのだと信じるレントンの前に、またトラパー、スカイフィッシュが戻ってきました。

完。


という感じ。
なかなか面白いマンガでした。

でもマンガだと異常なスピードなので、アニメの方がいいかも。
キャラクターがたくさんいる割に活かされることなく終わってしまうのも悲しいので。

あ、マンガと少し設定が違いますよ。

エウレカもかわいいですが、マンガだとアネモネの異常性も和らいでいて、かわいいです。
レントンもそれなりにカッコいいし。

ちなみにアネモネはこんな花 ⇒ アネモネ

・・・ってか、アニメのエウレカセブンはどういう終わり方だっけ・・・忘れたな・・・(ーー;)

 ⇒ 交響詩篇 エウレカセブン6

<<Pandora Hearts私が読んだマンガとアニメ舞-HiME>>

コメント

  • 管理人のみ閲覧できます
  • 9.
  • 2012年12月21日 |
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • [編集]

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム