FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > とある魔術の禁書目録 > とある魔術の禁書目録1

とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録1

とある魔術の禁書目録(インデックス)1

アニメでは見てましたが、マンガもオススメ的なところにあったので借りてみました。

マンガの方が多少展開が早いですが、1巻を読む限りは同じように話が進んでいるようです。


さて1巻。

230万人もの人口をかかえる学園都市が舞台。

そこでは投薬や生体刺激によって、人為的に超能力が開発されています。
能力には個人差があり、レベル0からレベル5まで分類。

主人公の高校生、上条当麻(かみじょうとうま)はレベル0。
いわゆる無能力者です。


ところが、学園に7人しかいないレベル5の中の1人、御坂美琴(みさかみこと)の超電磁砲(レールガン)をくらっても、右手で打ち消すことができる。

上条当麻は、異能の力であれば全て、その右手で触れることで無効化できる、特殊能力者、幻想殺し(イマジンブレイカー)でした。


その当麻のマンションに、布団のように干されていたのがヒロインのインデックス。
イギリス清教の「必要悪の教会(ネセサリウス)」所属のシスターです。

インデックスはその名の通り目録。
10万3000冊の魔道書を完全に記憶しているために、魔術結社から狙われる存在でした。


インデックスを連れ戻しにやってきたのがステイル・マグヌスという火を使う魔術師。
当麻の右手はそれすらも打ち消し、何とか勝利しますが、インデックスは大怪我。

生命維持のため、インデックス内の別人格が自動で目覚め、当麻の担任、月詠小萌(つくよみこもえ)先生の助けもあり、何とか生命の危機を脱しました。

ってとこで1巻終了。


アニメと同じ設定なら、今回、当麻が敵と見なして退けたステイル・マグヌスも、一緒にいた神裂も、実はインデックスの仲間です。
次巻には神裂火織が登場するはず。

あぁ、そういえば、「とある科学の超電磁砲」というスピンオフ作品もありますし、アニメにもあります。
そちらでは御坂美琴や、相棒(?)の白井黒子がメイン。

神裂火織、御坂、黒子。
私のツボを刺激するキャラクターたちの今後が楽しみです(/・ω・)/

 ⇒ とある魔術の禁書目録(インデックス)1

<<孤高の人7私が読んだマンガとアニメ夏目友人帳7>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム