FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 孤高の人 > 孤高の人4

孤高の人

孤高の人4

孤高の人4

大西先生が岩にぶつかって滑落した続きから。

生きていて欲しかった大西先生でしたが、結果は即死。

(森の数少ない味方で、しかもあんなにいい先生だったのに殺すのか!?)

とも思いましたが、山に登るということは危険なことで、次の瞬間には命を落としているかもしれないというシビアな理を描きたかったのかも知れません。

「孤高の人」は展開が速いのでインパクト大です。


今回の事件で、みんな歩む道がガラッと変わりました。


大西先生のパートナーでもあった宮本は、学校を辞めてフランスへ。
片っ端から岩を制覇すると言い、森に最後の別れを言いました。

黒沢というジャーナリストは、酒、タバコを止めて、クライマーとして復帰(たぶん)。
有名な14マウンテン山岳会に、森を入れることに尽力。

そして大学の推薦を取り消された白井夕実は、男を気持ちよくする仕事に。
男にすがり、別れることを恐れ、森からお金を持ち逃げ。


森はその事件から高校を中退。
ある倉庫会社の派遣として、仕事をしながら、他の全てを山に注いでいます。
休み時間も、稼いだお金も、通勤時間も。

正社員になる誘いも断り、白井の誘惑からも、事務の小堀という女性からも逃げます。


そして、14マウンテン山岳会の二宮からの勧誘。

14座ある8000m級峰。
その中で、標高世界第1位はエベレスト。

第2位が、登頂の難しさで言えばエベレストを遥かにしのぐ、標高8611m、K2。
未だに発見当時の測量番号で呼ばれている神の山です。

そのK2の、写真すらない人類未踏の氷壁、K2東壁を目指すというのが14マウンテン山岳会。

1度は断ったものの、森はそのアタック隊に入ります(次巻で)。


こんな4巻でした。

大西先生は残念だったなぁ。

さらに、白井にもびっくりしました。
あんな娘じゃなかったのに・・・(つД`)

森の目の前で飛び降りた瑞樹は、死んだわけではないんですね。
ずっと目覚めないままとは言え、病院で生きていました。


5巻からはいよいよ山岳会のメンバーと特訓です。

孤高の人4

<<GIANT KILLING3私が読んだマンガとアニメ BLEACH40>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム