FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > おいしい銀座 バイヤー真理 > おいしい銀座 バイヤー真理2

おいしい銀座 バイヤー真理

おいしい銀座 バイヤー真理2

おいしい銀座 バイヤー真理2

銀座で競い合ってきたミツヤ。
負債もたくさんあり、この不況の中、存続ができなくなりました。

一方、カドヤは売り上げ1位。

カドヤはミツヤと経営統合することを発表。
ところが、ミツヤはガイア百貨店という韓国の外資と提携するという噂も。


こういうの面倒です。
飽きさせないためにも必要なのもわかるんですが。


このガイア百貨店の香港店にいたチャーリー・ササ支配人。

この名前。
覚えがあると思ったら、奴でした。
時々現れて話をややこしくする、佐々野です。

ミツヤはガイアによって、提携どころか、吸収合併されそうです。


ミツヤの取る道は、佐々野のいるガイアに吸収されるか、カドヤと経営統合するか、このまま破綻するか。

結局、両方からもミツヤは見放され、会社更生法の適用を申請し、経営破たんの道をたどることになりました。


吸収することができなかったガイア、つまり佐々野は再び失敗。
榎木田に恨みがある彼は、ナイフで刺しました。


ってか、佐々野、以前に放火したりしてましたよね?
なんでつかまらないんでしょうか・・・?

榎木田は入院ですみそうです。


次は佐世保バーガー。

いつの間にか担当になっていた真理は、本場へ行き、バーガーを食べまくります。

そこで会ったのはアメリカ研修から帰って来た進藤という男。
前にカドヤにいたようですが、私の記憶にはありません。

そこでおばあさんが50年、作り続けた味、リリーズ ハンバーガーというお店をカドヤへ出店させることに成功。

そんな話でした。


次は桜。

桜の咲く時期を正確に知ることで、売り上げは全く変わります。
その時期、タイミングの見極めもバイヤーたちの仕事。

担当が振り分けられた公園を、1日1回必ずまわり、直接桜を観察するそうです。

真理の担当は、ぱんだ公園。
小さな公園ですが、地域で1番開花が早い。

そこで会ったのは、グラン・ブルーという高級クラブのオーナー柳本。

以前、真理は1杯4,5万円の高級ブランドガニ、タイザガニを20杯頼まれたことがあります(おいしい銀座10)。


30年続けたクラブも、店をたたむということで、最後の花見の仕出しをカドヤに200人前注文しました。
今回はサワラ。

サワラについては中々難しいようで、築地魚河岸三代目12巻でも扱ってます。

思い出の食堂、料亭、刺身を、真理は独自に調べ上げ、4月1日の花見は大成功。

柳本さんにもいい思い出となりました。


バイヤーとなった真理ですが、やっていることは本当に変わりません。
もう少し何とかならなかったのかと思いますが、結局読んでしまいます(笑)

そして佐々野。
あそこまで露骨な悪役キャラも使い勝手が良いのでしょうか。
つかまらずに時々現れますが、出てくるとイラッとするので消えて欲しいです(--メ)

おいしい銀座 バイヤー真理2

<<夏目友人帳3私が読んだマンガとアニメ灰羽連盟>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム