FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 咲-Saki- > 咲-Saki-1

咲-Saki-

咲-Saki-1

咲-Saki-1

人気があるようだったので借りただけです(笑)

私自身、麻雀は役を多少知っているくらいで、点数計算等は全くできません。
妻にいたっては(コレって役になりそうだなぁ)くらいしか理解してません。

そんな程度だから、盛り上がっている感じは伝わってくるのですが、微妙な点数のかけひきのようなものが分かりません(^^;)


さて1巻。
主人公の宮永咲(みやながさき)はショートカットの貧乳キャラ。

幼い頃から家族で麻雀をしてきていたようですが、咲にとって麻雀は、お年玉を取られる苦痛なもの。

負けるとお金が減る。
勝つと親、姉に怒られる。

だから咲は、終了後の点数を±0にすることで、勝たない麻雀を打ち続けてきました。


そうして嫌いになっていった麻雀ですが、清澄高校に入学し、たまたま麻雀部に誘われてしまいます。

そこには全国中学校大会の優勝者の同級生、原村和(はらむらのどか)が。
後に親友になる、ツインテールの超巨乳キャラです。
しかも、親が弁護士と検事というお嬢様。

生徒会長、兼、麻雀部部長でもある、3年生の竹井久(たけいひさ)の作戦もあり、咲は麻雀が楽しいものだということを知り、めでたく入部。

このメンバーに、2年生で、広島弁の眼鏡っ子、染谷まこ(そめやまこ)、1年生でお子様キャラ、タコス大好き、片岡優希(かたおかゆうき)の計5人の女性に、唯一の男子、1年生の須賀京太郎を含めたメンバーが、清澄高校麻雀部です。


全国大会に行き、別居中の姉と、麻雀を通して会話がしたい咲。
真剣に打ち込んでいる麻雀を、遊びと思っている父を見返したい和。

2人は全国大会に行こうと約束したのでした。

まこの家が経営しているコスプレ雀荘でバイトした咲と和は、プロの女性雀士、藤田さんに負けたことで、さらにやる気UP。

全国大会に向けての合宿が始まりました。


こんな1巻。

こうやって書いてみると、女性キャラが狙ったように描かれていることに気付きます(^^;)

貧乳、巨乳、眼鏡っ子、元気なお子様、知的キャラ。
さらにツインテール、ショートカット、そして若干百合などなど。

これがさらに大会になると、様々な高校に様々な女性キャラクターが登場します。

二次元の女性キャラが好きな方には大いにおすすめかも知れません。


私は部長の竹井久に1票かな。

咲-Saki-1

<<なるたる私が読んだマンガとアニメ ちはやふる5>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム