FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > アニメ全般 > とらドラ!

アニメ全般

とらドラ!

とらドラ!

この世界の誰1人、見たことがないものがある。

それは優しくて、とても甘い。

たぶん、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。

だからこそ、誰もそれを見たことがない。

そう簡単には手に入れられないように、世界はそれを隠したのだ。

だけど、いつかは誰かが見つける。

手に入れるべき、たった1人が、ちゃんとそれを見つけられる。

そういうふうにできている。


こんなセリフと、つがいのスズメが飛び立つシーンから始まる(そして終わる)とらドラは、目つきの悪さで不良に見られてしまう高須竜児(たかすりゅうじ)が主人公。

隣のマンションに住む逢坂大河(あいさかたいが)と同じクラスになり、事件に巻き込まれることによって、少しずつ愛が育まれていくという流れ。

高校2年の間の1年間の話ですが、主要人物を中心に、クラス中が結束していくというのも、物語にエッセンスを加えています。

まぁ、後半になれば、恋愛が結構からんでくるので、それが好きな人は楽しみに、嫌いな人は覚悟して観ましょう。


何より、大河がかわいいわけです。
髪の毛が多くて、もふっとしてるし。

その名前と、低い身長から、あだ名は「手乗りタイガー」。
飼いてぇ・・・

ついでに、大河の親友、櫛枝実乃梨(くしえだみのり)もかわいいわけです。

さらに、(最初は面倒に感じていましたが)、川嶋亜美(かわしまあみ)もかわいいわけです。

クリスマスイベントで、大河と亜美が歌うのも良かったわけです。
泣ける話だったし。


ということで、なかなか面白いアニメでした。

高校3年生の話は全くないままに、卒業式シーンに突入したのが残念。
もうちょっと観たかった。


逢坂大河の声は釘宮理恵さん。
ツンデレやらせたら日本、いや、世界一か。

個人的に好きで注目していたのは、竜児の母、高須泰子(たかすやすこ)役の大原さやかさん。
ARIAのアリシアだったり、xxxHOLiCの壱原侑子だったり、コードギアスの生徒会長ミレイだったり。

あ、有名どころとしては、先生の恋ヶ窪ゆり(こいがくぼゆり)役だった田中理恵さん。
ハヤテのごとく!のマリア、ローゼンメイデンの水銀燈、あずまんが大王の水原暦、機動戦士ガンダムSEEDのラクスです。


ツンデレが苦手で避けていたシャナも、今なら大丈夫かも・・・

とらドラ!

<<築地魚河岸三代目27私が読んだマンガとアニメたまごボーロ>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム