FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > アニメ全般 > コードギアス 反逆のルルーシュ

アニメ全般

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ

CLAMP作品です。
マンガの方だと、ツバサHOLiCは読んでいるので、安心してみれるかなぁと思いまして。
結論から言うと、コードギアスも面白かったです。

まぁ私自身、そんなにハードルは高くないので、マンガを読んでもアニメを観ても、厳しい評価は浮かびません(^^;)
よほどではない限り、それなりに楽しめる訳ですが。


で、内容。

世界最大の超大国神聖ブリタニア帝国は、日本にある地下資源を狙い、侵攻します。

主人公のルルーシュ・ランペルージは学生ですが、ブリタニア皇帝、シャルル・ジ・ブリタニアの実の息子。
事情があって、名を偽り、妹のナナリーと一緒に日本で生活しています。

ある時、テロに巻き込まれ、危険にさらされた時、謎の少女C.C.(シーツー)と出会い、他人に自分の命令を強制することができる絶対遵守の力を手に入れます。

この特殊能力は「ギアス」と呼ばれ、得た人間によって発動する力が違うため、複数の人物により、重要な場面で使われることで、物語をより複雑にし、且つ盛り上げます。

ネタバレすれば、ギアスを解く力だったり、他人の心を読み取ったり、時間を止めたり、極近未来を読んだり、記憶を書き換えたり。
何でもアリっすね。


ルルーシュは絶対遵守の力で、ブリタニアへの恨みを晴らすべく、素顔を隠し、自らをゼロと名乗って戦いを挑みます。
結成したのが黒の騎士団。

ブリタニア軍、黒の騎士団、その他の国がそれぞれの利権や思惑で手を結んだり戦ったりする訳です。

キャラクターも多いので、敵、味方が入り乱れ、時々ややこしいと思うこともありますが、それもCLAMPらしいと言えばいえるかも(笑)


個人的に愛したのは、C.C.と、黒の騎士団のエースであり、ルルーシュの親衛隊隊長でもある紅月カレン。

C.C.なんて、ゆかなさんの声からしてツボ。

ちなみに、絶対可憐チルドレンの蕾見不二子役だったり、テイルズ オブ ジ アビスのティア役だったり。
(ティアの時はかなり鼻声だった気がしますが)


紅月カレン役の小清水亜美さんは、交響詩篇エウレカセブンのアネモネ役、麻雀アニメ、咲-Saki-の原村和役です。

あ、そうそう。
ブリタニア皇帝シャルル・ジ・ブリタニアの声は、サザエさんのアナゴさん役の若本規夫さん。
ハヤテのごとく!のナレーションのように、銀魂の松平のおっさんのように、気分がノリ過ぎているのか、悪ふざけなのか、聞き取りにくいほど感情入ってます(^^;)


さらに、ARIAを愛する私が個人的に注目していたのは、晃・E・フェラーリ役だった皆川純子さん。
今回はコーネリア・リ・ブリタニア役。

そしてアリシア・フローレンス役だった大原さやかさん。
今回は生徒会長のミレイ・アッシュフォード役。

特徴がある声だと意識しなくても分かりますが、絶妙に使い分けられていると気付きませんよね。
さすがプロ(≧∇≦)ъ


ストーリーを知った今ですが、もう1度見てみたいと思える作品でした。

 ⇒ コードギアス 反逆のルルーシュ

<<マクロスF私が読んだマンガとアニメ喰霊 4>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム