FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ARIA > ARIA 6

ARIA

ARIA 6

ARIA 6

灯里、藍華、アリスの3人は、会社の枠を超えて毎日合同練習をするほどの仲。

ところが、それぞれの先輩、アリシア、晃、アテナの3人も、実は半人前の時からずっと一緒の仲でした。
それぞれが一人前のプリマになり、なかなか会えなくなった今ですが、かわいい後輩がいる今もまんざらではない。
「昔の方が良かった」のではなく「昔も良かった」。

灯里もアリスも、今の素敵を大切に過ごす大切さを知りました。

アニメでのこの場面で、なぜか泣けたんですよね。
アニメだと映像と音楽があるからなぁ。

アテナもかわいいし、もう1回観るか。


次は灯里が暁の兄から指名された話。

貿易関係の仕事をしている兄は、地球(マンホーム)と火星(アクア)を行ったり来たり。
それで今回の品、ネオ・ヴェネツィアンガラスを運んで欲しいというのが、灯里への依頼内容です。

ネオ・ヴェネツィアンガラスはしょせん偽物。
そんな難くせをつける輩もいますが、どちらも流れた時間、人、紡がれた想いは違う。

だから、本物、偽物は関係ないと言う灯里に、ヴェネツィアンガラス職人見習いの少年は恋をしたようです。


次はアリシアさんがなりたかった大人について。

雪玉を転がしていると、必ず誰かが手伝ってくれて、一緒に大きくしてくれる。

そんな大人になりたかったそうです。

さすがスノーホワイト。
雪が似合います。


次はまぁ社長登場です。

アリスがたまたま出合った火星猫。
パンダのような柄で、パックマンのような口。
子猫でありながら、図太い神経で、何だか余裕しゃくしゃく。

仰向けになって空を見上げ、がぶりんちょとアリスの裾を噛み、パムパムするかわいい猫です(笑)

猫社長が亡くなったばかりのおれんじプラネットの社員アリスは、情も移り、その子をこっそりクローゼットへ。
もちろんみんなにバレてしまいましたが、小さいながらも青い瞳を持つその猫は、まぁ社長としておれんじプラネットで飼ってもらえることになりました。

まぁ社長のお気に入りは、アリア社長のもちもちぽんぽん。

ウチの妻もアリスとまぁ社長が大のお気に入りです。


次は銀河鉄道。

灯里は、夜中に目を覚まし、微かな音に気付きました。
それは聞こえるはずの無い電車の音。

藍華やアリスは、遠いところの電車の音が、夜中は静かだから聞こえるのだと、最初からアクア上空を走る銀河鉄道を否定しますが、灯里は想像するだけでもワクワク。

そんな時、アリア社長はメーテルの装いで灯里にチケットを渡しました。
紛れも無く銀河鉄道の切符です。

指定された場所にやってきたのは乗客が猫ばかりの電車。
灯里は、切符がなくて困っている子猫に自分の切符を渡してしまいました。

結局、憧れの銀河鉄道には乗れなかったものの、巨大な車掌さん(ケット・シー)からハンコを押された灯里はベッドで目を覚ましました。
夢かと思いきや、灯里、アリア社長のそれぞれの額にはハンコがしっかり。

アクアに愛される灯里は、また摩訶不思議に出会ったのでした。

額に押されたんだから、チケット無しでフリーパスってことかと思ったら乗れませんでした(^^;)


ってか灯里のパンツルックが新鮮でした。
かわいいぞ。


最後はパラレルワールド。
アリア社長が、男女入れ替わる世界に行ってしまいます。
暁やウッディの女姿が気持ち悪いです。


ようやくまぁ社長が登場しました。
今後、アリア社長のみならず、ヒメ社長、まぁ社長が灯里たちのバックでどんなしぐさをしているかもチェックポイントです。
さりげなくかわいいことしてますから。

妻はそれらを探して、見つけてはもだえて喜んでおります(^^;)

 ⇒ ARIA 6

<<喰霊 4私が読んだマンガとアニメノートン インターネットセキュリティ>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム