FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 喰霊 > 喰霊 3

喰霊

喰霊 3

喰霊 3

前巻からひっぱってきていた、不滅なる者の正体は天狗。
森羅万象を司る大地の精霊です。

やけにでかくてクレイジー。


黄泉と対峙した早々に殺されてしまった剣輔。

ところが黄泉の持つ殺生石に選ばれ、体内にそれを宿したまま復活します。
殺生石は無限の霊力を手に入れますが、肉体、魂は蝕まれ、そのうち悪霊になってしまうもの。

しかも剣輔は、その霊力を欲する天狗に食べられてしまいます(^^;)


結局、覚醒した剣輔が内部から切り裂き(ありがち)、天狗を何とか再び封印することができました。


黄泉は、左目に石を埋め込んでいる者(三途河カズヒロ)に滅ぼされ、剣輔の空圧式・退魔居合刀、舞蹴拾弐號(マイケルじゅうにごう)は折れ、後ろにいる大きな敵、玉藻御前という存在を知ったところで一部完って感じです。


玉藻と言えばやはりGS美神にも出てましたね。

ちなみに三途河カズヒロは、巫蠱術を使う、元超自然対策室の海外派遣チームに居た人で、黄泉のように生きながら殺生石に囚われているようです。


一段落ついて、日常が戻ってきましたが、剣輔は体内の殺生石の進行を抑える封印をされたものの、一層、霊を呼び込む体質に。

そこに剣輔の特殊体質に目をつけた、呪禁道次期当主、忌野静流(いまわのしずる)が学校にやってきました。

三途河カズヒロの仲間ではないと言いつつ、玉藻御前を知っている。
さらに、剣輔と常に一緒にいる神楽と険悪。
殺生石をペンダントにしていて、雷獣、黒四駑を従えています。


喰霊も面白いとは思いますが、ストーリーが落ち着かないって言うか、慌しいというか。

静流は登場してからパンチラ連発してますが、お色気担当ですか?
ってか、黄泉姐さん、もう出演ないんでしょうか・・・?

 ⇒ 喰霊 3

<<ぬらりひょんの孫5私が読んだマンガとアニメARIA 4>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム