FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > アニメ全般 > 新世紀エヴァンゲリオン

アニメ全般

新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

今さら感があるエヴァ(笑)

テレビシリーズ全26話を観終えた感想は、正直(・・・は?)でした。

24話くらいまでずいぶん盛り上がってきたのに、最後の方(特に終わりの2話)は、それまでの話がまとまる訳でもなく、少年少女(人間全体を含め)の精神、内面的な話に留まっていて、人としての社会的関わりや、存在意義を問うような話で終わっていました。

アダム、リリスを含めた使徒とは。
エヴァ初号機の重要性は。
ゼーレと碇ゲンドウの目指す人類補完計画は。

知りたいことがたくさんあるのに、気配、雰囲気だけを伝わらせて終了。

ま、特に思いいれもあるわけじゃないし、そういう結びのアニメなのだと納得できますが、ちょっと消化不良が気になったアニメでした。


とは言え、その後の劇場版シリーズ「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」を観ると事情は少し変わります。
話があらかた完結するから。


まぁそれでも、多少釈然としない感じは残りましたが。
明白なハッピーエンドじゃなかったからかも知れません。


「生」をテーマに掲げつつも(だからこそ?)、ふんだんに「死」の描写が散りばめられ、最後には結局サードインパクトが起こり、残ったのはアスカとシンジの2人だけ。

人はまた還ってくることが可能だというセリフもあったので、後になってLCLから皆が戻ってくることもあるかも知れませんけど。


アスカとシンジは、表現の違いはあれど、互いを求めています。
そしてその結果、エヴァに乗っていたこともあったのかも知れませんが、2人だけは抜け出すことができた。

全てが1つになった海を拒絶し、ATフィールド(心の壁)をあえて作ることで、人間として再び誕生。
互いに壁はあるものの、他者を受け入れるという気持ちがあれば大丈夫。

そんな感じでしょうか?(^^;)

要するに、人間頑張れ~(⌒▽⌒)ノP""""
っていうメッセージ?(笑)

近頃の流行ですか?
全てが1つになる世界観。
エウレカセブンやマクロスF、ハルヒも多少かぶっているような気がしますが。

アセンションってこんな感じなんでしょうか・・・?

 ⇒ アセンション

<<ARIA 3私が読んだマンガとアニメグーグーだって猫である>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム