FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 薬師寺涼子の怪奇事件簿 > 薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

薬師寺涼子の怪奇事件簿

薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

10、11巻と感想が前後してしまいましたが、8,9巻です。

話の展開はいつも似てるんですけどね。

事件 ⇒ 涼子サマ、早くも犯人の目星付く ⇒ 再び事件 ⇒ 直接対決 ⇒ あっけなく撃破

みたいな感じ。


さて。
今回の舞台はカナダ。
そして、タイトルでも分かるようにクモが犯人。

終わり。

・・・そうはいかない(笑)


カナダで起きた、邦人2人の殺人事件。

薬師寺涼子サマと、その部下、泉田君が調査をしているところで怪しげな人影が。
実はそれは、超一流の映画プロデューサー、グレゴリー・キャノン二世。

涼子サマをスカウトしようとしていました。


秘書のドミニク・H・ユキノが現れ、グレゴリーの別荘(と言っても丸ごと島1つ)に招待します。
その島の名が、黒蜘蛛島(ブラックスパイダーアイランド)です。

そこで今回の事件の首謀者にピンと来た涼子サマ。

島からバンクーバーに戻ってから、巨大クモに襲われても、武器を携帯し、メイドのリュシエンヌとマリアンヌを引き連れているあたり、予想済みだったようで。

涼子サマのライバル、お由紀サマとその部下岸本も、当然事件に巻き込まれ、巨大クモと対決。

ってところで8巻終了です。


クモも巨大だと大丈夫かも(笑)
小さくて、どこにいるか分からない恐怖が無いから。

ってそういえば、今日クモの巣にひっかかったな・・・

薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

<<ハルコイ私が読んだマンガとアニメ王様の仕立て屋21>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム