FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 築地魚河岸三代目 > 築地魚河岸三代目3

築地魚河岸三代目

築地魚河岸三代目3

築地魚河岸三代目3


そのうち飽きるだろうなぁと思いつつ読んでいたマンガですが(笑)、意外とはまってます。

私が住んでいるところも結構有名な港町ということもあるでしょうが、食卓は肉より魚がメイン。

だからこそ一層興味を持って読めているのかもしれません。

さて、3巻。

白身の王様は、春はタイ。冬はヒラメ。

そんなことも知りませんでした(^^;)

まぁどっちも美味しいと思って食べてましたが(笑)

で、ここで「新宮」の三代目、秀一郎が初登場します。

主人公の旬太郎とは全く違い、サラブレットのような三代目。

特種物(寿司ネタ)を主に扱うだけあって、目利きがスゴイだけでなく、降ろす店のことまで考えているやり手。

まぁ、その点、旬太郎も舌の記憶やら素直さやらは勝っているようですが。


そうして、とりで寿司を「ネギトロバラチラシ」で救うのです。

地元の海鮮丼もかなり旨いんですけど、これもなかなか・・・( ̄~; ̄)


アサリの違いや東京湾のこと、ヒラメのあれこれ。

今回も勉強になりました<(_ _)>

 ⇒ 築地魚河岸三代目3

<<王様の仕立て屋4私が読んだマンガとアニメ屍姫(シカバネヒメ)8>>

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム