FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 王様の仕立て屋 > 王様の仕立て屋3

王様の仕立て屋

王様の仕立て屋3

王様の仕立て屋3

order13 太り過ぎのサンタ

ジラソーレ社の社員ソフィアが教会に。
シスターなんですね。

そこの子供たちは、クリスマスに売れっ子芸人ジョバンニが来ることを楽しみにしていました。

ところがジョバンニはケガをして、休んでいる間に激太り。
マリオ親方のあつらえたスーツが着られなくなってしまいました。

となると出番はユウです。

法外な金額を請求するかと思いきや、そもそもスーツはゆとりをもってあつらえてあるため、直しが可能。

今回はアフターサービスだからいらないと、こっそりジョバンニのスーツを直し、ジョバンニはめでたく子供たちの前に現れることができたのです。

私もよく直してもらってます。
つまり度々太ってるってことなんですけど・・・(-_-;)

order14 命のつぎ当て

ユウの所にやってきたマッツェイ先生。
彼のオヤジさんが作ったレモンは絶品で、それで作るリモンチェッロは最高。
風邪をひいているマルコもレモン湯を飲んでご機嫌です。

そんな先生から依頼されたのが、オヤジさん用のコート。

心臓病を患っているにも関わらず手術をかたくなに拒否し、レモンの世話を欠かさないオヤジさんに、少しでも命を永らえて欲しいため。

少しでも早く寒さから守ってやりたいユウは、2着のジャケットを交互に着せ、少しずつ合うように直します。

頑固者のオヤジさんも、この軽くて温かいジャケットは気に入ったようです。

結局手術もしましたし。

イージーオーダーでスーツはよく作りますが、コートは作ったことないなぁ・・・いいのかなぁ・・・


order15 王族の御用達

生地問屋のボッカチオはあくどい事で有名。

ウォーレン卿のパーティーで1番目立つ服を作れと難題をふっかけます。

挑発に乗ってしまったユウは思いも付かない1着を作ります。

時計などの小物に至るまで、全て主賓のウォーレン卿と同じ服。

確かに1番目だったし、ウォーレン卿の目にも留まりました。

怒らせてしまいましたけど(笑)


order16 箱入り男爵の冒険

家も財産も失った坊ちゃん男爵カルロと、その執事ニコラ。

大学の馬術部OB会に出席するための衣装を作ることになったユウ。

ところがこの箱入り男爵。
すっかり財産がなくなったことに気付いていません。

それというのも執事のニコラが身を削って働いていたからです。

気付いたカルロは初めて汗水流して働くのです。

そしてあつらえたスーツは一見すると地味なもの。

ところが代々伝わってきたカフリンクス(カフスボタン)が袖から見えると、貴族本来の姿を引き立てるかのようにも見え、好印象を与えます。

それできっかけを得た男爵と執事は、新たな仕事に就くことができ、貴族復興を誓うのでした。


order17 紳士の隣

ジラソーレ社の第1秘書のマリエッタは、偶然、ミステリー作家のラティーナ先生(突然筆を置き、今はウェイターとして働いている)と会い、ラティーナ先生が出席するパーティーにエスコートされて行くことに。

それで先生も名誉を取り戻し、マリエッタも男ではなく仕事を取った自分に自信を持てるようになるのでした。

しかしタキシードにも決まりがいろいろとあるんですね・・・

スーツに精神が宿っていない日本に生まれて良かったかも(^^;)


order18 至高の靴

マルコの師匠に靴を頼みに来た日本人田中。

彼は靴コレクター。

イタリア人のマルコも師匠も、履かずにコレクターすることが理解できません。

ユウとマルコにコーディネートされた田中は、同じ工房で働く女性ヴィレッダをパーティーに誘い、仲良くなります。

ところがヴィレッダは、田中の靴コレクションで、彼以上に靴にはまり、マルコの師匠の所に弟子入りすることになるのです。

これからもヴィレッダは登場しますよ。

 ⇒ 王様の仕立て屋3

<<屍姫(シカバネヒメ)8私が読んだマンガとアニメ妖怪のお医者さん7>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム