FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 珈琲どりーむ > 珈琲どりーむ5

珈琲どりーむ

珈琲どりーむ5

珈琲どりーむ5

コーヒーに特化したこのマンガも最終巻。

茶輔はお茶屋の跡継ぎなんですから、コーヒーと共にお茶についても話を広げれば(タイトルとは離れますが・・・)、もう少しネタも多かったのでしょうが、ネタの問題ではなく打ち切りだったんでしょうか。

まぁ個人的ですが、茶輔のしたり顔が、ちょっとイラッとすることもありました(笑)

さて。


下宿していた梓ちゃんが失恋しました。

さらにコピ・ルアクという、ジャコウネコの糞から取れる貴重な珈琲豆の話も少し出ました。

それで最後は、茶輔がお茶屋と両立させつつ、実家の裏でカフェを開業して完。

無事結婚もしたんでしょう。


何だか駆け足で終わった感じです(^^;)


全体を通して考えてみると、コーヒーについて古い情報を参考に描いたのではないかと思える部分も多く、今のコーヒー事情とは違う部分もあったように思います。

それに、珈琲豆はとにかく新鮮さが大切であるという、何においても大前提になるべき話題がなかったことが残念でした。
そもそも、珈琲豆の保存方法については描かれてなかったような気がします(あったかな・・・?)。

あ、そういえば、コーヒーを挽く道具、ミルについての話もなかったんじゃないかな?
あったのは手挽きのミルの話が少し。
電動ミルは却下かな(笑)

手挽きのミルも香りを楽しむのにはいいですが、日常的にコーヒーを飲む場合、その手間が負担になる場合もあります。

電動ミルの欠点は、その摩擦熱でコーヒー成分が飛んでしまうというところにありますが、今はそれも抑えられているミルも多くあります。

私は手挽きミルも持ってますが、登場する機会はだんだん減ってきています。
今ではナイスカットミルで、手早く均一に挽いてますよ。


最後のページに参考資料が載ってましたね。
ちょっと信憑性にかけるようなものもありましたが、「オールアバウトコーヒー」は、今でもコレを超えるものはないと言われるほどのコーヒーバイブルなので、これを参考にしたのはさすがだと思いました。

すごく高い本だった気がしますが・・・


終わってしまった珈琲どりーむですが、他にもコーヒーについての本があったら読んでみたいと思いました。
(一度BOOKOFFで立ち読みしたんだけど何だっけ・・・?

珈琲どりーむ5

<<エウレカセブン私が読んだマンガとアニメDIVE!! 3>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム