FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 夏のあらし! > 夏のあらし! 2

夏のあらし!

夏のあらし! 2

夏のあらし! 2

半分死んでいるあらしとカヤ。
2人は、生きている人間の力を借りて、過去に飛ぶことができます。

と言ってもルールがあり、

同じ時間に2度はいけない。
とどまれる時間は数時間。

など。

あらしは一と、カヤは潤と通じることができます。
というか、限定、というわけでもなく、結構融通が利くようですが。


潤が実は女性だったということが明らかになりました。

ってか、1巻で登場したときから女性だと思っていた私は一体・・・? ( ゚д゚)ポカーン


あらしはこの60年間、過去に飛んでは戦争で亡くなりそうな人間を助けていました。

・・・って今、書いてて思ったんですが、あらしは毎年、違う人間と通じていたってことですよね?
毎年、違う男性の力を借りて過去に飛んでは、誰かを救う。
それを60年繰り返してきたという感じ。

ってことは、この「夏のあらし!」は、一が中1の今、まさにこの夏休みの話で完結するってことですよね?
だから、1巻の冒頭、13歳の夏・・・的なプロローグがあったと?


・・・あんまり長く続かないマンガなんだ・・・


あらしやカヤのような存在は、生きている人間から力をもらうことで、この世に存在できてます。

ところが、世を離れて隠居生活をしている加奈子とやよいは、それができないので、探偵(サングラスの男)に頼んで、あらしをつれて来て、力を奪おうと企てていました。


要するに、あらし、カヤ、加奈子、やよいが、当時の同じ学校の生徒であり、今現在、幽霊として存在しているということになります。


この探偵は、村田英雄。
あらしが昔に飛び、救ってきた子供の1人でした。


なるほど。
こんな感じで進むわけですか。

あ、そういえば、「死」という漢字はあえて使わないようです。
ひらがなです。全て。

どんな意味かは分かりかねますが。

 ⇒ 夏のあらし! 2

<<魔法先生ネギま!私が読んだマンガとアニメグ・ラ・メ!~大宰相の料理人~8>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム