FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > BAKUMAN。 > BAKUMAN。2

BAKUMAN。

BAKUMAN。2

BAKUMAN。2

漫画家を夢見て突き進む、中3の真城最高(ましろもりたか)と、高木秋人(たかぎあきと)。
それぞれ、サイコー、シュージンと呼ばれています。

夏休み中に仕上げた「ふたつの地球」を、出版社(集英社)に持ち込みました。

今回はその続きから。


服部哲(はっとりあきら)というびっくり顔の編集者と対面。

その服部。
顔は変ですが、2人の才能に気付いた感じ。

新進気鋭の新人、15歳の天才漫画家、新妻エイジを、3年後には追い抜いているとまで言いました。


高木の計算づくのストーリー。
ペンを持ってまだ2ヶ月の真城の画力。

それぞれに欠点はあるものの、高評価を得たことで、俄然やる気が増します。


真城と彼女の亜豆の関係も、互いの夢が適うまでは励ましあうだけの関係を貫いていて、かろうじてメールをするくらい。
イマドキの中・高校生ではありません(笑)


服部と細かく打ち合わせをすることで、2人の実力はどんどん伸びていきます。

新妻エイジが抜けた今、読者アンケートでも上位に食い込むほどに。


新妻エイジが異常ともいえる才能で、まるで呼吸をするようにジャンプの王道、バトルマンガを描くのに対し、真城&高木は内容に凝り、邪道とも言える読者の2割狙い。


真城と高木の連載に向ける情熱がどこまで続くのか。

1からやり直しだと川に原稿を捨てた彼らがどうなるのか、楽しみです。


画、内容的には好きなんですが、真城と亜豆の純愛が絡んでいる辺りが面倒に感じます(^^;)
それを描きたいという意図は感じるんですが。

それよりも、バクマン。
字数が多くて読むのに時間がかかります(^^;)

 ⇒ BAKUMAN。2

<<DIVE!! 2私が読んだマンガとアニメ夏のあらし! 1>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム