FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 珈琲どりーむ > 珈琲どりーむ3

珈琲どりーむ

珈琲どりーむ3

珈琲どりーむ3

さて、3巻。

ようやくネルドリップが登場。
やはりこれも最初で扱って欲しかった話題です。

コーヒーを家で淹れようとした場合、どの方法が良いのか悩むところ。
いろいろ調べても、ペーパードリップが1番という人がいたり、ネルドリップがいいという人がいたり。
さらにはフレンチプレスがいいとか、いきなりダッチコーヒーやサイフォン・・・

正直、決められませんよね。

私も最初そうでしたから(^^;)

だからこそ、初心者が読んで、実践できる方法から順番に紹介して欲しかったなぁと思うわけです。


次は直火式のエスプレッソメーカー、マキネッタの話を経てデカフェについて。
デカフェというのは、妊娠している方でも飲める、カフェインを抜いたコーヒーのこと。

でも、カフェインだけを抜くということも難しく、どうしても大切な成分まで抜けてしまい、コーヒーとしての美味さは多少なりとも失われてしまいます。

それをリロイという高価な豆で解決したのでした。

初めて聞きました。リロイ。


老舗お茶屋を継ぐ茶輔の夢はカフェを開業すること。
その夢を叶えるために、移動カフェを始めました。

自分の彼女の店だけでは足りなかったでしょうか(^^;)

ちょっと話題作りの無理やり感が出ているような気もします。


そして、3巻において、個人的に最大の話題、オールド・コーヒーです。
オールド・コーヒーとは、何年か熟成させた珈琲豆を使ったコーヒーのこと。

議論が分かれるところなので何ともいえませんが、今現在、オールド・コーヒーは評価されないこともあります。

珈琲豆は生鮮食品。
だから時間が経過すればするほど酸味が立ってきます。
生ものが腐ってきて酸っぱくなるのと同じです。

その酸味はコーヒーが本来持っている、爽やかな、嫌味のない酸味とは違うので、普通は悪い豆の特徴とされます。


このマンガに登場する茶輔は、強烈な個性を持った良質な豆だけが、時間の経過とともに繊細で複雑な香味を表現すると言ってました。

私には正直、分かりません。
ごくごく稀に、そのような珈琲豆もあるのかも知れません。

でも、私が以前飲んだオールド・コーヒーは、再び飲みたいと思えるものではありませんでした。

こういうのは日本だけなんでしょうか?
クサヤや納豆、味噌などを好むように楽しめば良いものなんでしょうか?・・・( ̄  ̄;)

 ⇒ 珈琲どりーむ3

<<おいしい銀座17私が読んだマンガとアニメDIVE!! 1>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム