FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ちはやふる > ちはやふる2

ちはやふる

ちはやふる2

ちはやふる2

3人で出場したカルタ大会。
2勝しなくては勝ち進めないところで、優勝候補に惜しくも敗れました。

そして卒業式。
チーム「ちはやふる」はバラバラになってしまいますが、最後にカルタ勝負をして別れました。

ええ。
「かるたを一緒にしてくれてありがとな 千早も太一も でも たぶんもう会えん・・・」
で泣けましたとも(ノ△・。)


そして年月が過ぎ、高校1年。

話したり動いたりしなければ美人(無駄美人)に成長した千早ですが、中学ではかるた友達が一切できませんでした。

高校では部活動として活動することを夢見て募集していましたが、そんな時に現れましたよ。
真島太一。

高校ではカルタをしないと決めていた太一でしたが、一生懸命カルタに情熱を注ぐ千早を見て心動かされます。

まっすぐなんです。
千早は子供の頃から。
かわいいです。

A級に昇格した千早と、太一は、福井に行きます。
新に電話した時に、もうカルタはやっていないと言われたから。

実際、新に会っても、カルタはもうやらないといわれてしまいます。

原因は、脳溢血で倒れた祖父の面倒をずっと見ていたにも関わらず、たまたま出場したA級試験の日に、看取ることなく1人で亡くなってしまったから。

新も本当は2人にずっと会いたかったんです。

太一は千早と日本一のかるた部を作り、強くなって新を待とうと決心しました。

実力テスト学年1位の太一と、無駄美人の千早。
そんな目立つ2人がカルタ部部員を募集。

代々、呉服屋の家に産まれた大江奏(おおえかなで)は、和服が着たいがために弓道部に。
ところが百人一首を心から愛していることもあり、カルタ部に転部しました。

奏に歌の意味を教えてもらった千早は、黒で印刷されているカルタ札の向こうに、景色も温度も色もあることに気づき、一層カルタが好きになるのでした。

入部してもらう条件として、呉服カタログのモデルになりましたが(笑)


そうそう。
ついでに、小学校の時に対戦した、西田優征(にしだゆうせい)、通称、肉まん君も入部。

部として認められるにはあと1人です。


高校生になった千早かわいいです。
太一もかっこいいです。
カルタもかっこよく見えてきます。

とりあえず百人一首を買わねば(笑)

ちはやふる2

<<コクロ私が読んだマンガとアニメBLEACH37>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム