FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > BAKUMAN。 > BAKUMAN。1

BAKUMAN。

BAKUMAN。1

BAKUMAN。1

大場つぐみ&小畑健コンビは、デスノートと同じです。
大場つぐみに至っては、昔のマンガ「とっても!ラッキーマン」のガモウひろしであるということが、ほぼ確定しているようで。

そんなコンビが描いたのがMAKUMAN。です。

マンガ家を目指す中学生の話。
近頃流行の医療系や、妖怪系、刀で斬る系とは一線を画しているあたり、思い切りの良さを感じます(笑)


主人公の真城最高(ましろもりたか)は、いたって普通の恋する中学3年生。

最高が漠然と高校・大学進学を目指していた時、数学のノートを忘れて教室に戻ると、そこにいたのが学年1位の高木秋人(たかぎあきと)。
彼にノートを見られ、同じクラスの亜豆美保(あずきみほ)を好きなことを知られました。

秘密を守るために出された交換条件が、「オレと組んで漫画家になってくれ」ということ。

全国でも学力トップクラスの秋人から、画が上手いというだけで誘われた最高でしたが、おじさんが漫画家で、いろいろとツライ事情も知っていただけに、最初は断ります。

しかし、声優を目指していた亜豆に、勢いで告白(プロポーズ)してしまい、秋人と漫画家を目指すことになりました。

さらに、おじさんの好きだった相手が、最高が好きな亜豆美保の母。
しかも、互いの夢が叶うまで会わない、メールで励ましあうという方法もそっくり。


情熱の火がついた2人は、マンガにのめりこみます。
夏休み中に「ふたつの地球」を仕上げ、いよいよ出版社に持ち込みました。

そんな1巻でした。


マンガがどのように描かれて、出版されているか等を含め、今のマンガ事情が出てくるのも面白いです。

今後の展開としては、持ち込んだものの足元にも及ばないとか、大きな壁にぶつかるとか、2人の考え方に違いが生まれ、方向性の違いから分かれてしまうとか?

意表ついて、2巻ではいきなり大人の最高になっていたりしませんか?
(あの時のボクらは熱かった・・・)的に(笑)

絵も好きだし、今後楽しみなマンガの1つです。

 ⇒ BAKUMAN。1

<<WBC私が読んだマンガとアニメ珈琲どりーむ1>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム