FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ちはやふる > ちはやふる1

ちはやふる

ちはやふる1

ちはやふる1

少女マンガの部類に入るこのマンガ。
競技カルタが題材になっています。

オススメの棚にあったこと、妻が絵を気に入ったことでレンタル決定。

(カルタ・・・?)と思って半信半疑で読みましたが、面白いです。
そして、百人一首もルールも分かりませんが泣けました。

オススメマンガ ケテーイ(・∀・ )!です。

1巻の最初。
かるたのクイーン戦に出場している女性が主人公の綾瀬千早(あやせちはや)です。
福井から引っ越してきた綿谷新(わたやあらた)と偶然仲良くなり、カルタを知ります。

千早の1つ上の姉は、美少女コンテストに出るほどの美人。
(後にモデル)
応援するだけだった千早が、初めて賞状をもらえたのがカルタだったこともあり、カルタの魅力に取り付かれます。

そして最初はクラスに受け入れられなかった新も、クラスのリーダー的存在の真島太一(ましまたいち)と正々堂々と戦うことで仲良くなり、3人に友情が芽生えました。


地元のカルタ会に入会した3人は、ひょんなことから他の小学校の生徒と源平戦なる戦いをすることに。
「一字決まり」「二字決まり」「大山札」などで作戦を立て、素人同然だった千早と太一、3人でチームとして勝利。

この時から、千早の耳の良さは際立っていました。

新の祖父は永世名人の称号を持つ名人。
そんな新の耳でも捉えることのできない音、声に、千早は反応できます。


百人の友達ができたと思って仲良くなりなさい。

そう原田先生に言われた千早は、より一層、カルタにのめりこむのでした。


そして、祖父が倒れたことで福井に帰ることになった新。
医者の息子であることで名門校に入学することになった太一。
そして1人残される千早。

そんな3人は小学校最後の大会に出場しました。


いい話ですよ。
Tシャツもらった件、ホロッとしましたとも(ノ_・。)

何でしょう。絵がいいのかなぁ・・・

ちはやふる1

<<屍姫10私が読んだマンガとアニメ岳8>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム