FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか16

いぬばか

いぬばか16

いぬばか16

ストーカーの藤田さんと、すぐりの目の前で、アムロが事故に遭ってしまいました。

すぐりは人工呼吸で応急処置。
病院に連れて行き、るぱんが血を提供。
(犬の場合、初めての輸血なら、血液型はあまり関係がないそうです)

それにより、複数の骨折はあるにせよ、アムロは助かりました。

以来、藤田はすぐりを尊敬し、太陽と崇めるのです。
さらに「ボクはあなたの下僕です」・・・

うざぁ・・・(ーー;)


すぐりを助けたるぱんの祖父がしていた首輪には、Vのマークが付いていたそうです。
そして近頃、地元で同じ首輪をしている犬が目撃されているとか。

何かの組織?でしょうか(笑)


そして、ちづるの飼い犬、めろんが去勢をしました。


最後は、ちづるの友達、星莉奈(セリナ)の話。
藤田さんと同じマンションに住んでいます。

こいつがイラッとします。非常に。
プロ野球選手の妻として、家庭を持っているにも関わらず。

子供の育て方が分からないということで、ちづるが犬を飼うことを提案。
それを受け入れて、マルチーズを飼うことに。
名前はミルク。

旦那は甘やかしてばかりなのにも関わらず、それが子煩悩だと思っていたり。
セリナは想像力というものがなく、自分本位で無責任。
犬をアクセサリーか何かだと思っているようです。

挙句の果てに、イライラがつのり
「もう返します。わんこのママになりたかった訳じゃないので」
とか言いました。


子育てというものを軽く見て、自分の子供でさえそう扱っている人いますよね。
不本意ながら、私の知り合いにもいるんですが。

おっと失言。

 ⇒いぬばか16

<<ワンピース「冬に咲く、奇跡の桜」私が読んだマンガとアニメ医龍-Team Medical Dragon-19>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム