FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ハンマーセッション > ハンマーセッション10

ハンマーセッション

ハンマーセッション10

ハンマーセッション10

碓水校長が、またS組にイヤガラセです。
自分の飼い犬、ゲルハルトの世話をS組にさせることにしました。

凶暴なゲルハルトは校長の命令で、その命を忠実に実行。
S組としても従わざるを得ません。

その世話係として、いつも体育を休んでいる桐原優(まさる)が選ばれました。

一見、気弱に見える桐原ですが、彼は以前の中学でレイ○未遂事件を起こしていました。

欲情してしまったのは一瞬だったとは言え、相手に怖い思いをさせてしまったことを本気で後悔している桐原。

悟郎はゲルハルトを利用して、下着泥棒という桐原のレッテルを剥がし、そして、実はアマレスで鍛えていた肉体を体育祭で発揮させることで、生徒たちからの信頼を得ることに成功しました。

ゲルハルト&校長に一矢報い、桐原を救ったハンマーセッションでした。


今度は痴漢の話。
生徒が電車内の痴漢に困っているという話を聞いた水城先生は、悟郎と犯人を捜すことに。

水城先生は、前巻に引き続き、女子高生になりすまし、身体を張って犯人を見つけました。


個人的ですが、私、満員電車内で間違えられたことがあるんです。たぶん痴漢に。
大学生の頃、隣に立っていた女子高生に、めっちゃ睨まれました。

一応、自分の手、足などを確認しましたが、疑惑を受けるようなことはなかったと思います。

ずーっと睨んでいるので、こちらも無罪を主張しようと、手を上に出そうともがくんですが、それが裏目に出たようで、ますます睨まれて、咳払い連発されて。

彼女は次の駅で降りて行きましたが、どうも後味が悪かったというか。
その子にとっては私が犯人で、嫌な気持ちを思い出しては、私を恨んでいるのだと思うと、やりきれない気持ちになります。

全て私の勘違いならいいんですけど・・・(ーー;)


次は校長の過去に関する話。

何かにつけてS組を目の敵にする碓水校長。
S組の生徒たちはもちろん、悟郎も我慢の限界です。

校長室に忍び込み、元検事であったこと、妻と死別していたことなどを探っていましたが、その場を碓水に見つかってしまいます。

言い争いをしていたところに、男3人が乗り込んできました。
彼らは碓水校長が前にいた中学の元生徒。
退学させられたことを根に持ち、襲撃したのでした。

その場を悟郎の機転で乗り切ったものの、校長はアバラを骨折。

悟郎は、見舞いに行った所で、碓水の娘、珠生(たまき)に、妹の春香(はるか)がイジメを苦にして自殺したこと、それについて調査することすらままならないことから、検事を辞めて先生になったことなどを聞きました。

そして悟郎は、校長相手にハンマーセッションをしようと決意したのでした。


校長が退院したところで、その春香にそっくりな生徒、天城麻耶が転校してきました。
美人でありながら、料理もできて英語も話せる麻耶でしたが、さっそくS組に入れられるほどの問題児。

危険なストリートで1人暮らしをしている様子の麻耶は、本当に碓水校長の娘なのか。

ここで10巻終了です。


問題児軍団、S組の生徒はまだたくさんいるはずですが、校長の核心部分に話が及んでしまいました。

そろそろハンマーセッションも終わりなのでしょうか?

個人的にはヨーコがなかなか出てこないので残念です(-_-;)

 ⇒ハンマーセッション10

<<ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- 25私が読んだマンガとアニメいぬばか14>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム