FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか13

いぬばか

いぬばか13

いぬばか13

ツェルニーを失った香奈子先生の悲しみはとても深いもの。
葬儀をした後も、どうしても立ち直れません。
いわゆるペットロス。

突然思い出しては泣いてしまったり、仕事が手につかなかったり、他の犬たちを見たくないだけでなく、わっふるの前さえ通りたくないという始末。
挙句の果てには寂しさを紛らすために、毎晩のように酔い、とっかえひっかえ男を連れ込んでいます。

何とかしたいと思うわっふるメンバー(るぱん含む)。
1番犬のニオイがしない、健太郎が香奈子先生と一晩飲み明かしました。

健太郎、ここにきてようやく役立ったようです(^^;)


悲しみで暮れるだけだった生活も、ツェルニーのアルバムを見ることができるようになり、少しずつ前向きに。


そんな中、大きな地震によって飼い主を失ったペットのことを知ったすぐりは、香奈子先生を連れて行きます。
家も倒壊、死者も出たような中、人々は強く生きようとしています。

もう悲しみはいらないと。

そして香奈子先生は、背中に小さな犬の足跡のような模様がついているダックスに出会います。
まるでツェルニーが、そのダックスにバトンタッチしたかのようです。

ここでも登場したツェルニーの幻影。
(以前、香奈子先生の隣部屋が火事になった時にも現れた)

血統書もない、年齢も経歴も、何の病気を持っているかも分からない犬を、香奈子先生は引き取りました。

名前はソナタ。

香奈子先生に、今度は息子ができました。


次はわっふるのオープン1周年広告の話。

アキバとちづるはまた喧嘩。
犬同士は仲良しだし、アキバもちづるに好意を持っているにも関わらず、お互い衝突してしまいます。

仲直りさせてやりたいすぐりは、わっふるの広告に、それぞれの飼い犬、ジダンとめろんを使うことを提案します。
最近売れ筋の服を、SSサイズのめろんと、LLサイズのジダンが着ると、2匹くっついたときにハートになるという仕組み。

友だち以上、恋人未満。

アキバとちづる、そして、わっふるにとっても良いポスターができあがりました。


最後は旅行です。

シツケの先生の口利きで、ペットと泊まれるペンションに行けることになりました。
すぐり、ちづる、アキバ、キムの4人+4匹。

そこで巨大犬に出会います。

グレート・ピレニーズ
グレート・デン
レオンベルガー
ニューファンドランド

彼らもペンションに泊まっているようです。


ここで13巻は終わり。

私はグレート・ピレニーズが好きです。
どうでもいいことですけど・・・(^▽^;)

 ⇒ いぬばか13

<<駅弁ひとり旅6私が読んだマンガとアニメボンバーマン>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム