FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか11

いぬばか

いぬばか11

いぬばか11

御影は自分の正体を明かした後、わっふるを辞めて獣医師を目指すことにしました。
哲平の情熱に触発されたゆえのこと。

わっふるオーナーの中谷さんも、店長哲平も、犬に対して自分の信念と情熱があります。
そしてそんな彼らの元に集まる人たちももちろんそう。

こんなショップが近くにあれば、猫派の私も犬派になってしまうかもしれません(^-^)


にしても、甲斐犬ってのもカッコいいですね。
昔、「銀牙 流れ星 銀」というマンガがありましたが、それにも甲斐犬いましたね。
軽く忍術使いましたけど(笑)


次は学校で飼われていた犬、ゴンが、子供たちを盗撮から救った話。

そしてすぐりが「K-9 ダンス」に出場する話です。
犬と一緒に踊るダンスのこと。

わっふる1号店店長SHOWさんにゴリ押しされ、しかもWANKAWの沢渡ミホへのライバル心もあり、すぐりは出場を決めました。
今度は愛犬、るぱんとの出場。

先生は古谷さんとヘンリー。
そう。以前すぐりがアジリティに出場したときの、あのヘンリーです。

そしてライバルWANKAWがスカウトしてきたのは、すでに犬とのダンスが完成しているストリートパフォーマーのヤスミン。
講師は、やはりアジリティに出場したあの仁科でした。


今度はどのような大会になるんでしょうか。
12巻に続きます。


るぱんはフリスビーでラップをするんでしょうか(笑)
あほ犬だけど、賢いるぱん。

楽しみです。

 ⇒ いぬばか11

<<駅弁ひとり旅5私が読んだマンガとアニメプレイステーション2(PS2)>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム