FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ハンマーセッション > ハンマーセッション9

ハンマーセッション

ハンマーセッション9

ハンマーセッション9

佐野、司馬、大島の罪をかばったミキ姉に恩返しをしようと、悟郎とクラス全員が協力してくみ上げたキャンプファイヤー。
最後にクラスで良い思い出になりました。

新学期が始まると、新しい校長先生が赴任しています。
サマースクールで管理人を装っていたのが、実は新校長の碓水(うすい)。

問題児ばかりを集めた3年S組を新設し、担任に悟郎を任命しました。
ヨーコやエリカ、美樹、佐野、司馬、大島、新田などもS組に。

問題児を集め、そして彼らが問題を起こすことで退学させ、しかも担任も辞めさせたい人物を置くというやり口。

そのやり方が気に入らない悟郎は、教師を続け、この問題児軍団を必ず卒業させてやると決意したのでした。


S組最初のターゲット(?)は、葛城という大男。
殴ったという理由で退学にされそうになりましたが、実はカツアゲをしていた現場を目撃し、弱い者を救うために殴ったいい人。

それを証明して退学を止めました。

先が思いやられるクラスです。


次は沢井鳴海。
人懐っこくて素直な鳴海がSクラスにいることを不思議に思う悟郎でしたが、彼女はヤドカリ援交の常習者。
あまり性について深く考えていないため、それを分からせるためにハンマーセッションを試みました。

妊娠することを意識させることで、鳴海に自分の身体が大切だということに気づかせたのでした。


クラスのメンバーが変わったことで、まだ先が続きそうですね。

ところで、実は碓水はいい人で、学校を真剣に建て直そうとしているってこともないッスか?

ないか。S組はこの学園から追放するとかつぶやいてましたしね。

次巻へ。

 ⇒ ハンマーセッション9

<<デスノート私が読んだマンガとアニメおいしい銀座9>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム