FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 築地魚河岸三代目 > 築地魚河岸三代目24

築地魚河岸三代目

築地魚河岸三代目24

築地魚河岸三代目24

私が好きなイカの話。
イカって安いですよね。回転寿司に行ってもたいてい最安値だし。
でも味わいがあって好きなんです。


そんな安いイカに例えられた、目立たないある俳優。
彼はタイやマグロのように、はっきりと目立つ俳優に憧れています。

イカは安物、ではなく、安いだけ。
マグロだってイカを大量に食べて大きくなります。

その俳優をイカに例えたのは、そんな意味を込めてのこと。
味やコクのあるシブい演技。

人には役割、適材適所ですね。


「秋サバは嫁に食わすな」
次はその意味についての話です。

1.秋サバはとても美味しいから嫁に食べさせるのはもったいないという意味。
2.サバは鮮度落ちが早いから、大切な嫁に食べさせるべきではないという意味。

どうしてもその2つから抜けられませんが、秋にサバが美味しくなるのは産卵が終わり、その栄養が身体に回るから。

つまり、
3.秋サバは産卵が終わったサバ、つまり子供をもっていない。それを食べると子宝に恵まれない。

そういう意味もあったというワケでした。



男女のお笑いコンビの悩みは、イイダコで解消しました。
(はやっ!)


最後はイトヨリの話。

見た目の色彩がキレイなのが特徴ですが、それゆえにあまり食欲が沸かないとか(笑)
関西方面では食べられるイトヨリも、旬太郎はもちろん、雅さんも食べたことがありません。
旬太郎がお吸い物で食べてみたところ、その美味さは絶品。


そんな時に知り合った会計士の白瀬さんの息子は、引っ越してきたばかりで友達もできず、登校したがりません。

本当は美味しいイトヨリも、見た目で敬遠していて、その美味しさに気付けない。

ちょっとした勇気、一歩を踏み出す勇気を出すことが大切なんだということを、イトヨリを食べたことで学んだその子は、めでたく友達もできたようです。


その時は大きな勇気が必要かも知れませんが、後から振り返ってみればそれは小さな勇気だったと気付く。

旬太郎いいこと言います(o^-')b

 ⇒ 築地魚河岸三代目24

<<おいしい銀座8私が読んだマンガとアニメ駅弁ひとり旅3>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム